パラグライダー(1)

Posted : 2002-05-23 / Category : [report]

鳥になり・・・かけました!


これは友達に誘われて行った、パラグライダーの感想です。 何故(1)かというと、後日ちゃんと山から飛べたからです。 その感想は別にページを作りますので、もう少し待ってくださいね(^^)
なお、これは後日スピーチに使用した原稿を流用しています(^^;;ので、微妙な内容になっています・・・。

友達に誘われて、パラグライダーを経験しに、茨城まで行って来ました。もともと 興味があったので、インストラクターの人とペアになって飛ぶ、ダンデムの予約 をして行って来ました。パラグライダーというのは、パラシュートの進化版?み たいなもので、横に細長い機体があり、飛んでいる最中はそこにつながったひもで 方向を調整する、というものです。

当日は車で、しかも一般道で行ったので、何回も迷ってしまったんですけど、な んとかたどり着くことができました。山の上の方まで車で行き、そこから山の斜 面まで5分ちょっと歩いていったのですが、土と木々に囲まれて、とても気持が よかったです。でも風が強くて、上級者の人しか飛べないようなコンディション でした。風が落ち着くのを待つ、ということで午前中ずっとその場所にいたので すが、山肌から引き離されるように他の人がどんどん飛んでいくのを見ているだ けでも楽しかったです。

結局どんどん風が強くなり、飛び立ったものの決められた場所に降りられないよ うな人が続出したこともあって、ダンデムはできませんでした。普段は戻る必要 のない山道を戻り、下山したのですが、午後はスクールの1日体験のような感じで、 練習場にて一人でランディングの練習をすることができました。

機体の部分を斜面に広げて、走り、風がうまく入るとふわっと浮きあがるという 体験はそれだけでも貴重で、友達と二人で行ったのですが、3時間ぐらいひたす ら交互に走っていました。浮き上がるのはほんの数秒なんですけど、それでも走 っていた自分の足の下に地面がなくなって、流れるように下の景色が動いていくのはと ても面白かったです。

今回は最大の目的を果たせなかったわけですけど、それは後日またチャレンジす ることにして、今回とても印象に残ったことがありました。当たり前かもしれま せんが、みんな風を読むことができるんです。インストラクターの人はもちろん、 スクールに通っている最中の人でさえ、風向きも、風の強さも、ここぞというタ イミングでスタートを教えてくれるんです。それはとてもすごいなぁ、と思いま した。

それと今の季節(注:秋です)は特に、きれいで気持ちいいなぁ、と思いました。自宅のあるあ たりは割と畑や田んぼが残っているのですが、それでも、山の斜面から見下ろし た林や畑はものすごくきれいに見えて、秋だなぁと実感しましたし、久々に歩い た山の中もとてもすがすがしい気分になりました。 何時間も走ったし、普段歩かないようなところを歩いたりしたので、次の日はち ょっと筋肉痛になったんですけど、気分はまさにリフレッシュされた感じで、自 然って大事なんだな、と実感しました。

name:

url or email (option):

anti spam key [582005]:   

この記事のリンク用URL&トラックバックURL : http://keik.qee.jp/rnote/index.php?u=report/parag.htm