ロバート・サブダ しかけ絵本の世界展

Posted : 2006-12-25 / Category : [report/out]

前から気になっていた、西武池袋のイルムスで行っているしかけ絵本の展覧会に行って来ました。
本当は昨日行こうと思っていたのですが、あまりの人出にそのままUターンしましたよ…。
 
会社を早めに切り上げて突入。平日の夜でしたが、かなりの人出でした。
ゆっくり見るには最初の頃の平日に行くのがよかったのかも(もう遅いけど)。
 


で。
 
 
   しかけ絵本を表紙だけ見せてどうするんですか…。
 
 
一応世界展と銘打っているからか、古めのしかけ絵本もあったのですが、表紙のみや裏表紙のみで普通にガラスの向こうに鎮座。
しかも説明もごくごく少数で、説明の番号と実物が遠かったりして。
…えぇぇぇー!?
 
 
メインのロバート・サブダのしかけ絵本については、拡大版を置いていたりして工夫が見られたのですが、他の部分についてはやや難(どころではないかも)といった所。
 
しかけ絵本の飛び出た所だけ配置してどーするんですか。
それじゃただの紙細工…。
 
 
肝心のしかけ絵本に触れられるのは物品販売のところだけというのはどうかと…。
壊れやすいのは分かっていますが、それでもしかけ絵本の展覧会なんだから、コーティングした触れる拡大絵本とかさぁ…(作る労力は全く考えていない)。
 
スケールの大きなロバート・サブダのしかけ絵本。見事に折り畳めるすごさと、開閉の動きも真っ当な動きで(ちゃんと骨格とかにのっとっていそうな感じ)、やっぱり一番混雑していたのは実際に見本をめくれる物品の場所でした。苦笑。
 
 
好評の様で、28日まで期間延長になったようです。
…まぁこれからは休みに入りますし、混む一方だと思いますけど。。。
 
 
・参考:https://www2.seibu.co.jp/wsc/010/N000014949/0/info_d
 

name:

url or email (option):

anti spam key [781679]:   

この記事のリンク用URL&トラックバックURL : http://keik.qee.jp/rnote/index.php?u=report/out/20061225.htm