「Cold War」

Posted : 2008-04-20 / Category : [game/boardgame]

超久々の家庭内強制ゲーム。

冷戦時代のカードゲーム、「Cold War」です。
「超簡単!30分で終わる!」て言ってたんですけど…

1時間かかりました。。。
まぁ私が途中で悩んでたりしたせいもあったんですけどね。


工作目標という数字と得点が書かれたカードがあり、指示された枚数以内にその数字に近い(大きいのはダメ)方が得点をゲットできるという、ルールはブラックジャックに似た感じです。
お互いに使う役割カードは伏せているので、そのカードによって相手との勝敗が逆になったり、という部分がスパイな感じ?
CIA側とKGB側に分かれていますが、あんまり冷戦とか意識しないでプレイできます。

特に意識せず、私はソ連のKGB側を選択。
 ※でもハッキリ言って、どっち選んでもやることやカードは同じなのでは…

自分がめくっていくカードには数字と、特殊能力が書いてあります。
特殊能力は、カードを1枚捨てることができたり、相手のをもらったりできたり。
スパイらしく、次にめくるカードをこっそり見ることができるのもあります。

一番ハッキリしていたのが、1枚以内に6を狙うもの。
…まぁ1枚引いて、それでほぼ終わりなので、運の世界ですよね…。

役割カードは相手との勝敗を逆にできたり、相手の役割カードを捨てられたり。
まんまスパイというカードもありました。
個人的に役に立ちそうだと思ったのが勝敗を逆にできるMaster Spyというのと、勝ったら次の工作目標カードの点もゲットできるDirectorというカード。
一回も使えなかったけどね!


序盤私がリードしつつも、地味に点を取ってくる相方。
ついに後半逆転されてしまいます。
しかし、だんだんと慣れてきてカン(…)も発揮された私がラストスパート!
最後に15点をゲットし、見事勝利しました!

カードの種類も少ないし、ルールもシンプルなので分かりやすかったです。
面白かったですが、冷戦である意味があんまりというか全然ない気がしました。。。


・参考:http://www.fantasyflightgames.com/coldwar/
 販売元の紹介ページ。

[ コメントの受付は終了しています ]
1: しひろ (04/22 21:50)
びっくりしたぁ~。
タイトル見て、家庭内戦争勃発かと思ってしまったですよ(^^ゞ

CIAとKGBってのが、またなんとも時代を感じますね(笑)。
今、こーいうスパイゲームを作るんだったらMI6とか出てきそうですよね~。
2: 叶圭 (04/23 19:35)
>しひろさん
ここにコメントが付くとは思ってませんでした。笑

>MI6とか
007ネタとかであるみたいですよー
この記事のリンク元