カフェ「ディック・ブルーナ・ハウス・カフェ」

Posted : 2005-12-17 / Category : [diary/shop]

国立近代美術館のカフェに、ミッフィファンの友達と行って来ました。
 ※私は特にミッフィ好きという訳ではありません。

最後の週末という事で、11時に最寄り駅で待ち合わせ。
美術館には入らず(笑)、カフェに直行です。

私がパネクックン(オランダ風パンケーキ)、友達がディック・ブルーナ・ハウス・スタイル・ローストチキン。
手前が私の、奥が友達のなんですが…

ミッフィっぽいのって、型で抜かれたウサギのチーズくらいなんですけど。笑。

オランダ風パンケーキは、薄くて中にハムとチーズが入っています。
クレープみたいです。
こちらは軽食メニューになっていて、確かにがっつりという感じではありませんでした(でも結構お腹に溜まる)。

ディック・ブルーナ・ハウス・スタイル・ローストチキンも、
どの辺がディック・ブルーナ・ハウス・スタイルなんだかさっぱり分かりませんでしたが
ポテトサラダの上に乗っていたローストチキン(でかい)がボリュームたっぷりだったようです(ランチセットでパンも付いていたし)。

結局ミッフィらしさ、というのはメニュー(かわいい)とレジ付近の本などの関連グッズのみ。
美味しかったですけど、カフェは普通にカフェでした。笑。

そうそう、ミッフィ形のクリームパンも見てみたかったのですが、ご飯どころか食後のコーヒーを飲み終わっても届かず、断念しました。
残念。。。