現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST  < NEXT  BACK >

『最後のディナー』 島田荘司

『最後のディナー』
島田荘司
原書房(ノベルス)

石岡&御手洗シリーズ。犬坊里美が上京してきた話、古文書を読む法学部教授がもたらした謎の話、英会話教室とクリスチャンの話など、短編3作を収録。

なんだかしんみりとしてしまった。初出がアンソロジー本のせいか、他の作品と比べて、格段に読みやすい。



| 島田荘司 | comments (0) | trackback (1) |

コメント

コメントする








トラックバックURL

http://keik.qee.jp/read/tb.php/53

トラックバック

「最後のディナー」 島田 荘司

ミステリーランドの「透明人間の納屋」を読んでからずっと読みたかった島田荘司作品。御手洗潔という名探偵のシリーズがあることは知っていたのですが、どの作品から手をつけてよ...

| 日々の書付 | 2008/12/29 08:54 pm |

NEWEST  PAGE TOP  < NEXT  BACK >

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/05  aft>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼