現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST  < NEXT  BACK >

『天神のとなり』 五條瑛

『天神のとなり』
五條瑛
光文社(光文社文庫)
ISBN-13: 978-4334763114
☆☆☆

錦糸町でヤクザのためにトラブルの調査や処理をしている鏑木は元大学の准教授。女性問題で大学を追われ天藤会の若頭・白樺に拾われた。ある日亀戸天神近くの繁華街で天藤会の関係者が射殺された。白樺の命を受けた鏑木は、プールバーのアルバイト・京二を相棒に調査を始めるが、謎の二人組に襲われ負傷してしまう。世渡りベタな男たちの奮戦を描く傑作推理小説。(「BOOK」データベースより)
 
どうにも浮き上がれない(浮き上がる気もない)主人公が、断り切れない依頼のために調査を始める....と進む連作短編集。テンションはあまり高くないけど、コレはコレで好きです。続くような、続かないような、やっぱり続かないんだろうな、というふらふら感もなかなか(笑)。通勤中にはオススメの一品です。

「いいね。花見なんて久しぶりだ」p.332
この本の中では一般人に近いポジションだけど、やっぱ違うと思われます。


ISBN-13: 978-4334763114

| 五條瑛 | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








トラックバックURL

http://keik.qee.jp/read/tb.php/1077

トラックバック

NEWEST  PAGE TOP  < NEXT  BACK >

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/05  aft>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼