現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST  < NEXT  BACK >

『どろんころんど』 北野勇作

『どろんころんど』
北野勇作
福音館書店(ボクラノSFシリーズ)
ISBN-13: 978-4834025774
☆☆☆☆

アリスが長い長い長い眠りから覚めると、世界はどろんこになっていました。それは旅をしている夢だった。ひとりじゃなかった。ヒトのような形をした影みたいなものと、それから―「亀」、がいた。大きな亀だ。しかも二本足で立って歩いている。ヒトは、どこへいってしまったの。(「BOOK」データベースより)
 
北野勇作のジュブナイルSF。人型ロボットと亀型ロボットと人型ナニカの話。
面白かったです。話だけれはなく、本自体のデザインもちょっと変わっていて、そこも面白い。表紙のぼこぼこも可愛い。
ちょっと懐かしい感じもして不思議な読後感でした。
話には関係ありませんが「ど」がとても見にくいです。

「形はなくなっても、アリスの中にはちゃんと残ってるだろ」p.480
ゴトーさん、素敵!


ISBN-13: 978-4834025774

| その他::日本 | comments (0) | trackback (0) |

コメント

コメントする








トラックバックURL

http://keik.qee.jp/read/tb.php/1072

トラックバック

NEWEST  PAGE TOP  < NEXT  BACK >

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/08  aft>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼