現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST   

『姫君返上!』 民を守護する者 和泉統子

『姫君返上!』 民を守護する者
和泉統子
新書館(ウィングス文庫)
ISBN-13: 978-4403541711
☆☆☆☆

続き▽

| 和泉統子 | comments (0) | trackback (0) |

『姫君返上!』聖母に焦がれた者 和泉統子

『姫君返上!』聖母に焦がれた者
和泉統子
新書館(ウィングス文庫)
ISBN-13: 978-4403541643
☆☆☆

男に生まれたのに、聖レーミッシュ帝国の皇女として育てられた“麗しの薔薇姫”アレク。舞踏会兼見合いの本日、着飾らされていた彼の許を訪れたのは、婚約したばかりの異母姉だった。聖祓魔師としてひそかに帝都を訪れた彼女は言う。「藤花選帝侯国に悪魔が出た」と。多忙の第二皇子には事実を隠し、祓魔のためその地に向かったアレク達一行。しかし、藤花選帝侯国都の大司教らはなぜかアレク達に非協力的で…?王宮ファンタジック・ロマン第四巻。(「BOOK」データベースより)

前半は悪魔祓いの話、後半はノエルの婚約成立翌日話と、ジークにアレクの正体がバレた話。正直なところここまでノエルが出張ってくると(何せ全般通して出ているのだもの…)主役は誰だ?と思わなくもありませんが。アレクの方が好きなので、彼ががんばる話が読みたいなぁ…(いや、ちゃんと出てきてがんばってるけど、比率として考えると少しさみしい)。個人的には最後のジーク・アレクの正体丸出し話がよかったです。早めに正体バレてよかったねぇ、と微笑ましくなりました。


ISBN-13: 978-4403541643

| 和泉統子 | comments (0) | trackback (0) |

『姫君返上!』聖者の花嫁となる者 和泉統子

『姫君返上!』聖者の花嫁となる者
和泉統子
新書館(ウィングス文庫)
ISBN-13: 978-4403541568
☆☆☆

男に生まれたのに、聖レーミッシュ帝国の皇女として育てられた“麗しの薔薇姫”アレク。たまに皇宮を脱け出すアレクは、帝都の下町で祖父の仕事を手伝っていた。そこで出会ったのは迷子の聖職者。彼こそが異母姉の恋する本物の副祓魔師だった!皇宮に戻ったアレクが来臨の目的を探ると、なんと彼はジークとノエルの結婚話をとりまとめに来たことが判明。しかもその提案を受けたジークは、彼にはアレクとの結婚を勧め…?王宮ファンタジック・ロマン第三巻。(「BOOK」データベースより)

今回は前巻の続きになりますが、アレクというより姉ノエルがメイン。恋する乙女語ってすごい…。笑。恋愛成就はしたものの、ズレにずれまくったノエルが相手ですので、前途多難な二人です。残り半分はアレクの両親の話。結婚前の知り合ったときの話で、チャキチャキのユーディットがとてもオトコマエでした。


ISBN-13: 978-4403541568

| 和泉統子 | comments (0) | trackback (0) |

『姫君返上!』運命を試す者 和泉統子

『姫君返上!』運命を試す者
和泉統子
新書館(ウィングス文庫)
ISBN-13: 978-4403541490
☆☆☆☆

男に生まれたのに、聖レーミッシュ帝国の皇女として育てられた“麗しの薔薇姫”アレク。「俺の青春を返せー!!」と叫べども、皇女生活は絶賛続行中だ。そんなアレクが、今回出かけたのは桜花選帝侯国。妨害工作や誘拐未遂など、物騒な事件が次々起こるさなか、その地で出会ったのは聖都から来た副祓魔師、すなわち異母姉が恋してやまない師兄だった。しかも彼女が片思いするその男から、アレクは結婚を申し込まれてしまい…?王宮ファンタジック・ロマン第二巻。(「BOOK」データベースより)

まだまだ皇女が辞められないアレクの続編。今回はジーク兄の友達のイザーク(というとどうしても某キャラを思い出してしまいますが…)が渦中の人。がんばって皇女の役割を果たそうとし始めるアレクに好感が持てます。うっかりジーク兄も見直してることだし。笑。後半の短編はノエルの話。不器用でちょっと口が滑りがちな彼女は、やっぱりアレクの姉なんだなぁ…と思ってしまう展開に。どちらも今後の展開が楽しみです。


ISBN-13: 978-4403541490

| 和泉統子 | comments (0) | trackback (0) |

『姫君返上!』 和泉統子

『姫君返上!』
和泉統子
新書館(ウィングス文庫)
ISBN-13: 978-4403541407
☆☆☆☆

男に生まれたのに、聖レーミッシュ帝国の皇女として育てられ、今や帝国内外で“麗しの薔薇姫”と称されるアレク。異母兄が皇帝に即位したら、普通の(=庶民の)少年に戻れる予定だった。だがいまだ帝位は空席で、「俺の青春を返せっ!」と叫べどもアレクの皇女生活は続くのだった…。そんなある日、アレクに見合いの話が舞い込む。男と結婚なんかできるか、とぶち壊す気満々で乗り込んだ相手の国は、謎の吟遊詩人に呪われていて―。王宮ファンタジック・ロマン。(「BOOK」データベースより)

事情があって皇女として生活している男の子が主人公のコメディ。その割に主人公がスレてなくて面白かったです。ウィングス文庫らしからぬ表紙に衝撃を受けつつ読んだのですが中身もそうでした。笑。ビーンズ文庫のラインナップに入っていても違和感がない感じです。続きも出ているようなので読んでみようと思います。


ISBN-13: 978-4403541407

| 和泉統子 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP   

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/06  aft>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼