現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST   

『健康 ソフトハウス物語』 山崎マキコ

『健康 ソフトハウス物語』
山崎マキコ
ラディック(ソフトカバー)
ISBN-13: 978-4795274556

ある日社長がこう言った。「ねぇねぇ、山崎さん。コンピュータ業界の内幕を書いた本、出してみない?」そんな一言から始まった、ほぼ実録エッセイ集。「さよなら、スナフキン」を書いた、山崎マキコのデビュー作。

エッセイ…でいいんでしょうか。ネタ的には「さよなら、スナフキン」とかぶってるし、古い分文章的にはアレですが、とてもオモシロく読みました。98とか、コンピュータ業界的な話にはついていけませんが(いいのかそれで)その分この主人公と同じレベルで物事を受け取っていたり。ある意味親近感を持って読んでました。続きがあるようですが、まぁ、それは、いいかな…。笑

健康 ソフトハウス物語―パソコン業界少女の生活
ISBN-13: 978-4795274556


| 山崎マキコ | comments (0) | trackback (0) |

『さよなら、スナフキン』 山崎マキコ

『さよなら、スナフキン』
山崎マキコ
新潮社(文庫)
ISBN-13: 978-4101179421

決して美人じゃない、大学も二つ目、トシでいえば三浪も同然のオンナ・大瀬崎亜紀。いつだって一生懸命で、妥協がないのはいいけれど、ちょっぴりおバカで自信もない。そんな彼女が恋をした。バイト先の編集プロダクションでシャチョーに見込まれちゃったのだ。必要とされたい一心で、ひたすら仕事に励む大瀬崎亜紀。でも、その先は?人一倍純情で不器用な女子学生の仕事と恋の奮闘記。

とてもオモシロイ一品でした。全くの予備知識なし、期待なしで読み始めたので、素直にぐんぐんと引き込まれていきました。同感する部分あり、えぇぇ!?と思う部分あり。読んでいる最中も、読んだ後も、なんだかとても楽しい思いをした気分です。決して自分では買おうとしないだろうし、手にも取ろうとしないであろう本だったので、一方的に未読棚に入れてくれた相方に感謝、ですかね。

さよなら、スナフキン
ISBN-13: 978-4101179421

| 山崎マキコ | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP   

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/10  aft>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼