現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST   

『アリスへの決別』 山本弘

『アリスへの決別』
山本弘
早川書房(ハヤカワ文庫)
ISBN-13: 978-4150310059
☆☆☆☆

少女アリス・リデルの生まれたままの姿を撮影していたルイス・キャロルは、その合間に不思議な未来の話をはじめる…暗黒の検閲社会を描く表題作をはじめ、低IQ化スパイラルが進行する日本社会の暴走を描く「リトルガールふたたび」、夢と現実の中間にある“亜夢界”を舞台に、人間と登場人物との幸福な共存を力強く謳う中篇「夢幻潜航艇」など、SF的想像力で社会通念やカルト思想の妥当性を問い直す傑作中短篇7本。(「BOOK」データベースより)

バラエティに富んだ短編集。短編集の場合、好みの物が少なくて少し残念に思うか、色々読めてお得だと思うかは時と場合によりますが、今回は後者でした。SFど真ん中っぽい「七歩跳んだ男」や、ちょっとホラーな「地獄はここに」、続編を書くとしたらきっとラブでベタな長編だろう「地球から来た男」あたりが好みですが、どれも面白かったです。


ISBN-13: 978-4150310059

| 山本弘 | comments (0) | trackback (0) |

『MM9』 山本弘

『MM9』
山本弘
東京創元社(創元SF文庫)
ISBN-13: 978-4488737016
☆☆☆☆☆

地震、台風などと同じく自然災害の一種として“怪獣災害”が存在する現代。有数の怪獣大国である日本では気象庁内に設置された怪獣対策のスペシャリスト集団“特異生物対策部”略して“気特対”が、昼夜を問わず駆けまわっている。多種多様な怪獣たちの出現予測に、正体の特定、自衛隊と連携しての作戦行動…。相次ぐ難局に立ち向かう気特対の活躍を描く本格SF+怪獣小説。(「BOOK」データベースより)

相変わらずの読みやすい文章でした。そして面白かったー!自然災害の一種として違和感なくとけ込んでいる怪獣と気特対にびっくりです。元ネタの組織は分かっていませんが、ちゃんと決める所は決める彼らが素敵。連作なので、連ドラを見ている気分になりました。タイムリーにドラマ化ということで、怪獣映画は全然見たことがありませんが、これはちょっと見てみたいかな~と思いました。


ISBN-13: 978-4488737016

| 山本弘 | comments (0) | trackback (0) |

『シュレディンガーのチョコパフェ』 山本弘

『シュレディンガーのチョコパフェ』
山本弘
早川書房(文庫)
ISBN-13: 978-4150309145

キャラグッズの買い物につきあってくれる裕美子は、俺にとって最高の彼女。でも、今日のデートはどうにも気分が乗らない。久々に再会した旧友の科学者、溝呂木がこの世界の破壊を企んでいるらしいのだ──アキバ系恋愛に危機が迫る表題作、SFマガジン読者賞受賞の言語SF「メデューサの呪文」、孤独なサイボーグの見えざる激闘を描く「奥歯のスイッチを入れろ」ほか7篇を収録。『まだ見ぬ冬の悲しみも』改題文庫化。

バラエティに富んだSF短編集。どれも面白いのですが、この人のSFうんちく文章はどうも苦手です…。取っつきやすい設定の割に、取っつきやすくないうんちく文章だからでしょうか…。ネタは面白いと思うのですけども。お気に入りは「バイオシップ・ハンター」と「闇からの衝動」。私、割と王道が好みなのかもしれません。

シュレディンガーのチョコパフェ (ハヤカワ文庫 JA ヤ 6-1)
ISBN-13: 978-4150309145

| 山本弘 | comments (0) | trackback (0) |

『闇が落ちる前に、もう一度』 山本弘

『闇が落ちる前に、もう一度』
山本弘
角川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4044601157

この宇宙はどうして生まれたのか?宇宙の果てはどうなっているのか?「宇宙の本当の姿」を追い求め、ある独創的な理論に到達した宇宙物理学者。しかしこの理論の従うと、宇宙の寿命はわずか17日間ほどでしかなくなる。バカバカしいまでの理論の誤りを証明するために、彼は大がかりな実験を始めたのだが…。

表題作他4編を収録した短編集。「審判の日」を改題して文庫化したもの。SF、ホラーな短編集でした。お気に入りは「屋上にいるもの」。ラストが頭の中で映像化されて、なんだかとても冷たい感じがするけれど、キレイな感じ。表題作より「審判の日」の方が好みなので、どうして改題したのかな?とやや疑問が残りました。

闇が落ちる前に、もう一度 (角川文庫 や 40-3)
ISBN-13: 978-4044601157

| 山本弘 | comments (0) | trackback (0) |

『神は沈黙せず』上・下 山本弘

『神は沈黙せず』上・下
山本弘
角川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4044601133
ISBN-13: 978-4044601140

幼い頃に理不尽な災害で両親を失って以来、家族で信仰していた神に不信感を抱くようになった和久優歌。やがてフリーライターとして活動を始めた彼女はUFOカルトへ潜入取材中、空からボルトの雨が降るという超常現象に遭遇する。しかしこれは、「神」の意図をめぐる世界的混乱の序章に過ぎなかった―。

おもしろかったんですが、怖い作品でした…。なまじ読みやすい文章なだけに、たたみかけるような説明にそのまま受け入れてしまって、ふと我に返ると恐怖に駆られるという…ある意味ホラーな作品だと思います。マイナス思考の時に読むとちょっと危険かも。割と厚い上下冊ですが、読んでいる分には厚みは感じなかったです。少しホッとできたラストでよかったです。

神は沈黙せず〈上〉神は沈黙せず〈下〉
ISBN-13: 978-4044601133/ISBN-13: 978-4044601140

| 山本弘 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP   

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/08  aft>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼