現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST   

『王狼たちの戦旗5』氷と炎の歌2 ジョージ・R.R. マーティン

『王狼たちの戦旗5』氷と炎の歌2
ジョージ・R.R. マーティン
早川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4150116248

スターク家の所領ウィンターフェルは陥落した。幼い息子たちが処刑されたと知り、絶望するケイトリン。一方、南部諸侯の支持を得て優勢なスタンニス軍は、鉄の玉座を求め王都に迫る。いつ戦火に滅ぶとも知れぬ都では、食糧難に窮した民衆が暴徒化し貴族の行列を襲った。民に厭われながらも宮廷で生き延び、スタンニスを迎え撃たねばならぬ“王の手”ティリオンの策略やいかに? 至高の異世界戦史、激動の第二部堂々完結。

第二部完結編です。当たり前ですが、キリはいいです。でも続きがとても気になります。「まだー?まだー?」と首が長くなりそうです。笑。さすがに今回はちょっとだけシオンがかわいそうかなぁ…と思ったり。でもいますよね、こーゆー微妙にカラ回っちゃってどーしようもなくなる人。。。なんにしてもスターク家の人々は動き出しています。全く想像のつかない今後の展開がどうなっていくのか楽しみです。

王狼たちの戦旗 5 (5) (ハヤカワ文庫 SF マ 8-110 氷と炎の歌 2)
ISBN-13: 978-4150116248

| ジョージ・R・R・マーティン | comments (0) | trackback (0) |

『王狼たちの戦旗4』氷と炎の歌2 ジョージ・R.R. マーティン

『王狼たちの戦旗4』氷と炎の歌2
ジョージ・R.R. マーティン
早川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4150116170

南部の諸大家の支持を受け、五王の戦いに優勢とみえたレンリー王が、自陣で出撃準備中に謎の惨死を遂げた。疑いは現場にいた“北の王”の母ケイトリンと女騎士ブリエンヌにかけられる。だが、レンリー亡き後のストームズエンド城を包囲したスタンニス王の陣地では、忠実な騎士ダヴォスが、おぞましき真犯人を知ることになる。いっぽう北部はシオン率いる鉄の民の軍勢の猛攻にあい、スターク家の領地は奪われつつあった!

第二部の4巻。相方から「シオンの感想がないよ!」と物言いがつきました。そして前巻とこの巻はシオン大活躍。でも個人的にはシオンは惹かれるものがないので、やっぱりスルーしてしまいます。笑。この巻だけ見るとティリオンが主人公みたいですしね。。。気になる人物がたくさんで、なんだか自分が恋多き女みたいな感じがしてきますが、いよいよ次巻で第二部も大詰めです。あぁ、待ち遠しい!

王狼たちの戦旗 4 (2)
ISBN-13: 978-4150116170

| ジョージ・R・R・マーティン | comments (0) | trackback (0) |

『王狼たちの戦旗3』氷と炎の歌2 ジョージ・R.R. マーティン

『王狼たちの戦旗3』氷と炎の歌2
ジョージ・R.R. マーティン
早川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4150116132

南のレンリー王のもとに、赤い女司祭の力を借りるスタンニス王が兵を率いて現れた。みずからが正統な玉座の後継者と主張するスタンニスを嘲笑うレンリー。明と暗、性格の異なる兄弟の激突は必至である。この知らせに、スタンニスの侵攻に怯えるキングズランンディングの宮廷は安堵するが、その陰ではスターク家の遺児サンサが少年王の虐待にさらされていた…。

第二部の3巻。前の巻には出てこなかった、ダニーのがんばりが目に止まります。ダニー、あなただってまだ若いのに…。あらすじにも出てくるサンサも受難まくりですが、私はアリア派(そんなのがあるかは知らないけど)なので割と平然。悪者(ということになっている)の娘なんだから、ある程度はしょうがないというかなんというか。いきなり増えた5人の王。一人減って4人。第二部が終わるまでにさらに減るのでしょうか…?

王狼たちの戦旗 3 (2)
ISBN-13: 978-4150116132

| ジョージ・R・R・マーティン | comments (0) | trackback (0) |

『王狼たちの戦旗2』氷と炎の歌2 ジョージ・R.R. マーティン

『王狼たちの戦旗2』氷と炎の歌2
ジョージ・R.R. マーティン
早川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4150116088

挙兵した前王の弟らを迎えうつべく"王の手"に就任したラニスター家のティリオンは、種々の難題に悩んでいた。戦費の捻出、都の治安悪化、食糧不足、そして少年王の暴虐…さらに姉の摂政王女サーセイを筆頭に、誰に裏切られるとも知れぬ宮廷で権謀術数の争いが続く。一方、北部では"北の王"ロブの使者としてシオン・グレイジョイが鉄諸島の父を訪ねた。だが、野望を抱き帰郷したかれを予想もしない返答が待っていた!

第二部の2巻。それぞれに、それぞれの展開が待っています。目が離せないのがアリア。そしてがんばっているブラン。もちろん他の人たちも大変だしがんばっていますけれども。いろいろな人の話がいろいろな順序で進んでいきます。さらに第二部では各地で王の名乗りがあったりして、どこが誰だ!?と地図を眺めたりしながら読んでます。…地図、苦手なんですけど…。

王狼たちの戦旗 2 (2)
ISBN-13: 978-4150116088

| ジョージ・R・R・マーティン | comments (0) | trackback (0) |

『王狼たちの戦旗1』氷と炎の歌2 ジョージ・R.R. マーティン

『王狼たちの戦旗1』氷と炎の歌2
ジョージ・R.R. マーティン
早川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4150116040

七王国の空に輝く、血の色の彗星。それは大戦乱時代の到来を高らかに告げていた。前王の暗殺後、王妃の策略どおり、鉄の玉座は少年王ジョフリーが継いだ。しかし、南部の諸公を率いるレンリー王に、異国の黒魔術師の力を借りるスタンニス王―少年王の出自に疑問を抱く叔父たちが、それぞれ諸公をを率いて挙兵したのだ!さらに父を処刑されたスターク家の長男ロブも、“北の王”として蜂起し、北部の諸公とともに軍を南へと進めている。国内に四人の王が入り乱れ、今や七王国全土は混沌に覆いつくされた。ローカス賞を連続受賞、世界19カ国で絶賛された傑作巨篇、待望の第二部開始。

第二部開始。ハードカバー上下巻だった第二部を5分冊して文庫化。なのでややこしいです。苦笑。
スターク家の子供たち、受難の日々です。どう考えても父親のせいです。内心父親を恨んでいる人がいそう。笑。そして登場人物がもりもりと増えてきそうです。その大河っぷりがイイという人も多いのでしょうけども、並列で1章ごとにパラパラされると、特に章の少ない文庫だと、人物把握が大変です…。ラストの付録も厚みを増していますし。笑。5分冊の都合上でしょうが、今回はデーナリスが出てこなくて残念。次巻に期待です。

王狼たちの戦旗 (1)
ISBN-13: 978-4150116040

| ジョージ・R・R・マーティン | comments (0) | trackback (0) |

七王国の玉座5』氷と炎の歌1 ジョージ・R.R. マーティン

『七王国の玉座5』氷と炎の歌1
ジョージ・R.R. マーティン
早川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4150115821

国王ロバートは、狩猟のさなか猪に襲われ非業の死を遂げた。王は“王の手”エダードに、後継ぎの王子が成人するまで摂政を務めるよう遺言する。だが王の3人の子らの秘密を知るエダードは、王弟スタンニスに玉座につくよう密使を送った。この計画は暴かれ、エダードは謀叛人として投獄されてしまう…ラニスターとスターク、七王国の2大家間の亀裂はついに表面化し、戦の火蓋が切られた!陰謀と戦火が渦巻く第1部完結篇。

とうとう読み終わってしまいました。第一部完にふさわしいのはダニーことデーナリス。4巻あたりから容赦のない展開になってきて、それがこのラストに向かって大きく羽ばたいた感じ。最初は兄の言うことを聞いているかわいい少女だったのに、これがものすごい勢いで大人になってきました。第二部から、さらに化けるであろうことは今から想像できます。そして波乱に満ちた王国がそれにどう絡んでいくのか。文庫待ち(の上、相方頼み)なので、楽しみですが、待ち遠しいです。

七王国の玉座〈5〉―氷と炎の歌〈1〉
ISBN-13: 978-4150115821

| ジョージ・R・R・マーティン | comments (0) | trackback (0) |

『七王国の玉座4』氷と炎の歌1 ジョージ・R.R. マーティン

『七王国の玉座4』氷と炎の歌1
ジョージ・R.R. マーティン
早川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4150115777

スターク家のケイトリンは、王妃の弟であるラニスター家のティリオンを捕虜とした。だが妹を頼って訪れた高巣城で、知略に長けるティリオンは策を弄して自由の身となってしまう。そればかりか彼女の行動がラニスター家の怒りを買って、七王国に戦の火種を撒く結果になった。都で“王の手”として国政を司る夫エダードも襲撃を受け瀕死の重傷を負うが、一方で彼は、七王国の未来を揺るがす忌むべき大罪を暴きつつあった。

第一部第四巻。かなりシビアというか、容赦のない展開になっております。最近の軽めシリーズものにありがちなご都合主義がないという意味で、これも人気の出た一因なのかも。第一部も残り1冊となって、七王国が波乱に満ちあふれます。スターク家側に視点があるため完全悪役になっていますが、サーセイがなかなかやり手です。そしてお気に入りのお転婆アリアちゃん。姿が消えてそのまま記述がありませんが、次巻で大活躍してくれることでしょう。続きが楽しみです。

七王国の玉座〈4〉―氷と炎の歌〈1〉
ISBN-13: 978-4150115777

| ジョージ・R・R・マーティン | comments (0) | trackback (0) |

『七王国の玉座3』氷と炎の歌1 ジョージ・R.R. マーティン

『七王国の玉座3』氷と炎の歌1
ジョージ・R.R. マーティン
早川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4150115739

スターク家の当主の妻ケイトリンは、昏睡状態の息子が襲われた事件を調べるため都を訪ね、刺客が使った短剣はラニスター家の“小鬼”ことティリオンのものと知った。そして北の領地への帰途、運命のいたずらで彼女は意外な人物と邂逅を果たす。一方、錯綜する人々の思惑と戦乱の影をよそに、享楽的な王は武芸競技大会の開催を命じた。七王国全土から貴族たちが集まる華やかなその場所で、今、玉座をめぐる争いが加速する。

第一部第三巻。ケイトリン大活躍!1巻ではブランのそばでうちひしがれていましたが、立ち上がって恐ろしい強さを見せております。ステキ。違った意味で妹も母強しですが…。妹こえぇ。そして今回の注目は表紙にもなっているラニスター家のティリオンです。表紙渋いなぁ。いいやつなのに、兄や妹のおかげですっかり悪者です。たくましく育ってください。笑。

七王国の玉座〈3〉―氷と炎の歌〈1〉
ISBN-13: 978-4150115739


| ジョージ・R・R・マーティン | comments (0) | trackback (0) |

『七王国の玉座2』氷と炎の歌1 ジョージ・R.R. マーティン

『七王国の玉座2』氷と炎の歌1
ジョージ・R.R. マーティン
早川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4150115685

スターク家の主エダードは、親友である王の求めにより、その補佐役として都に赴任した。ひそかに前任者アリン公の死の謎を探りはじめたものの、都までの旅路で起きた娘による王子への傷害事件のため、権力を握る王妃との関係が悪化している。陰謀渦巻く宮廷で親子は生き延びられるのか?一方、七王国から遠く離れた南の平原では、古代王朝ターガリエン家の末裔デーナリスと騎馬族の長の政略結婚が実を結びつつあった。

壮大なプロローグの第一部の第二巻です(ややこしい)。スターク家の人々が、それぞれの道を歩き出した1巻でしたが、今回も引き続き。夜警団にややあこがれを持っていたジョンはそのあこがれを打ち砕かれ、エダードと共に都に行ったアリアは剣を教わり始める。政略結婚ではあったものの、それなりに幸せそうなデーナリスは、ヴァイサリスがいなければごくごく幸せになりそうなんですが…そう簡単にはいかないんでしょうねぇ。ということでやっぱりパラパラと話が進むので、全体としてはゆっくり目の進展です。

七王国の玉座〈2〉―氷と炎の歌〈1〉
ISBN-13: 978-4150115685


| ジョージ・R・R・マーティン | comments (0) | trackback (0) |

『七王国の玉座1』氷と炎の歌1 ジョージ・R.R. マーティン

『七王国の玉座1』氷と炎の歌1
ジョージ・R.R. マーティン
早川書店(文庫)
ISBN:4150115648

舞台は季節が不規則にめぐる世界。統一国家“七王国”では、かつて絶対的支配を誇った古代王朝が駆逐されて以来、新王の不安定な統治のもと玉座を狙う貴族たちが蠢いている。北の地で静かに暮らすスターク家もまた、争いの渦を避けることはできなかった。父エダードが王の補佐役に任じられてから、6人の子供らまでが次第に覇権をめぐる陰謀に巻きこまれてゆく…怒涛の運命に翻弄される人人を描いた壮大な群像劇、開幕。

相方大絶賛の大長編の第一作目(の第一巻)。人物紹介兼序章ということで、章ことにメインの人物が違います。そして○○家も複数出てきます・・・。こ、混乱しそう(というかもうしてます)。でも面白そうな雰囲気はバシバシ出てきます。個人的にお気に入りはスターク家のお転婆アリアと私生児ジョン。出てくる大狼もかわいくて、それだけでくらくら来てしまいそうです。笑

七王国の玉座〈1〉―氷と炎の歌(1)
ISBN:4150115648


| ジョージ・R・R・マーティン | comments (0) | trackback (1) |

NEWEST  PAGE TOP   

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/03  aft>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼