現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST    BACK >

『ナポレオンの密書』海の男ホーンブロワー セシル・スコット・フォレスター

『ナポレオンの密書』海の男ホーンブロワー
セシル・スコット・フォレスター
早川書房(文庫)
ISBN-13: 978-4150411398

勅任艦長への昇進の内示を受けたホーンブロワーは、ホットスパー号を後にした。給水船に乗った彼は、正式な任命を受けるため、英国へと向かう。だが、その途上、フランス艦に遭遇。その戦闘で、彼はナポレオンとの戦いの行方を左右する重要なものを手に入れるが……未完の長篇として有名な表題作をはじめ、不滅の海洋冒険シリーズが生まれた秘話を綴る「ホーンブロワーの誕生」と短篇二篇などを収録。ファン必読の一冊。

最後のホーンブロワー、というにふさわしい一品でした。名残惜しいけど、でも本当にこれで最後なんだなぁ…としんみりしてしまいます。未完の表題作も、今ある部分だけでもとてもおもしろそうで、あぁぁこの続きが読めることはないんだと少しがっくりとしてしまったり。著者が自作を振り返る、「ホーンブロワーの誕生」も、それぞれの巻を思い出してしまって、また読みたくなったり。笑。うん、手元に置いておきたいシリーズです。

ナポレオンの密書
ISBN-13: 978-4150411398

| セシル・スコット・フォレスター | comments (0) | trackback (0) |

『海軍提督ホーンブロワー』海の男ホーンブロワー セシル・スコット・フォレスター

『海軍提督ホーンブロワー』海の男ホーンブロワー
セシル・スコット・フォレスター
早川書房(文庫)
ISBN:4150401721

ついにナポレオンはセント・ヘレナ島に幽閉され、戦乱の時代は終わった。だが、カリブ海では植民地独立抗争が相次ぎ、西インド諸島方面艦隊司令官ホーンブロワーは多忙な日々を送っていた。そんな折り、彼は米国の港でフランスの将軍カーンブローヌ伯爵と出会う。かつての部下を連れて出帆した伯爵がナポレオン救出を企んでいることを知ったホーンブロワーは、決死の追撃を開始した!

とうとうホーンブロワーも最終巻です。すっかりおじさんとなったホレイショですが、艦隊から退く決意を固めます。で、最後の勤務地にて、交代の人を待ち、引継を行い、迎えに来たバーバラと共に帰途へ…という展開なんですが、やっぱりそうあっさりと行くわけでもなく。やっぱり死にそうな目に遭っているホーンブロワーでした。
士官候補生から提督まで、なるほど読み継がれるよなぁと納得のシリーズでした。後は解説本と外伝があるので、そちらも楽しみです。


ISBN:4150401721



| セシル・スコット・フォレスター | comments (0) | trackback (0) |

『セーヌ湾の反乱』海の男ホーンブロワー セシル・スコット・フォレスター

『セーヌ湾の反乱』海の男ホーンブロワー
セシル・スコット・フォレスター
早川書房(文庫)
ISBN:4150401381

強大なナポレオンの帝国も、いまや崩壊の兆しが見えていた。折りも折り、フランスのセーヌ湾で戦闘任務中の英国艦フレーム号に反乱が生じた。事件が知れ渡れば海軍全体の士気に深刻な悪影響を及ぼすだけでなく、ナポレオンにとっては絶好の宣伝材料となる。鎮圧を決定した海軍本部は、バス勲爵士の栄誉を授けられたホーンブロワーにこの難題を託した。無条件の行動権を得た彼は、セーヌ湾へと向かった!

ホーンブロワーシリーズ第9弾です。ブッシュがー!!!あっさりしすぎです…がくっ。そしてホーンブロワーの心の父、伯爵がいい味出しております。
ホーンブロワーは、バーバラとマリーの間でぐるぐるかと思えば、実は伯爵にめろめろでした。まさかこんな展開になるとは思わず、かなりうろたえてしまいました(何故)。笑。や、だってそんな古典的伝統あるこのシリーズで、そんな展開が待っているとは思いもよりませんでしたよ…。ラスト1冊、ホントどうなるんでしょう…。不安と期待でどっきどきです。


ISBN:4150401381



| セシル・スコット・フォレスター | comments (0) | trackback (0) |

『決戦!バルト海』海の男ホーンブロワー セシル・スコット・フォレスター

『決戦!バルト海』海の男ホーンブロワー
セシル・スコット・フォレスター
早川書房(文庫)
ISBN:4150401241

凱旋したホーンブロワーは功績を認められ、爵位を授けられた。だが悠々自適の生活を送りつつも、彼は潮風に吹かれる軍艦での生活に焦がれていた。そこへ海軍本部から新たな命令が届く。ヨーロッパ各国の利害が複雑に絡み合うバルト海への戦隊を率いて出撃せよというものだった。旗艦ノンサッチ号の艦長に朋友ブッシュを指名したホーンブロワーは、フランス軍の待ちかまえる荒波のバルト海へと向かった!

ホーンブロワーシリーズ第八弾です。今度は戦隊司令官という役職になりましたホーンブロワーですが、ブッシュをコネで艦長に据え、ブラウンを艦長付きにし、比較的居心地はいいんじゃないかなーという感じです。まぁ司令官ということで、フットワーク軽く単体で動く事はできなくなっちゃいましたけど。主人公がどんどんと成長するタイプのシリーズは、前のが良かったとか、今のがいいよ、とかいった感想を持ちがちなんですが、ホーンブロワーはどの年代もそれなりにイイ!と思います。とうとう8巻、ホーンブロワーはどこまで行っちゃうのか!?という感じでワクワクです。


ISBN:4150401241




| セシル・スコット・フォレスター | comments (0) | trackback (0) |

『勇者の帰還』海の男ホーンブロワー セシル・スコット・フォレスター

『勇者の帰還』海の男ホーンブロワー
セシル・スコット・フォレスター
早川書房(文庫)
ISBN:4150401012

戦い破れ、敵国フランスの要塞に囚われたホーンブロワー艦長は、重傷を負った副長ブッシュとともにパリで銃殺刑に処せられることになった!二人は護送馬車に乗せられて雪の山道をパリに向かうが、その途中で決死の脱出に成功する。だが自由を求める彼らの前には、なお400マイルに及ぶ広大な敵地が控えていた……。

ホーンブロワーシリーズ第七弾です。前巻ラストで投降しましたホーンブロワーですが、パリで裁判の上、(おそらく)銃殺刑になるということが判明しました。ということで死にものぐるいで脱出です。…まぁ思いついてから6分で決行しているという、状況判断がすごいのか、破れかぶれなのかいやいやその両方か、という状態だったのですが。そして運も味方してラストでイングランドの地を踏みます。爵位もお金も手に入ったホーンブロワーですが、幸せかというと微妙で。。。
この三部作は勢いも萌えもあってすごいイイ!です。布教で押しつけるなら三部作はセットで!ですね。


ISBN:4150401012




| セシル・スコット・フォレスター | comments (0) | trackback (0) |

『燃える戦列艦』海の男ホーンブロワー セシル・スコット・フォレスター

『燃える戦列艦』海の男ホーンブロワー
セシル・スコット・フォレスター
早川書房(文庫)
ISBN:4150400873

イギリスの命運を賭け、宿敵フランスを大陸に封じ込めようと図る沿岸封鎖艦隊は、荒れ狂う暴風雨、横行する私掠船等と闘いながら地中海を死守していた。折しも戦列艦四隻から成る敵戦隊が封鎖網を突破して出現した。行く手を阻み得るはホーンブロワー艦長率いるサザランド号のみ!彼は生涯最大の強敵にひるむことなく、万に一つの勝ち目もない海戦に突入していった-。

ホーンブロワーシリーズ第六弾です。まずは言いたい。こんなトコで終わるなんて…!思わず叫んでしまい、相方に「タイトル通りじゃん!」と言われてしまいました。苦笑。そうだけど、そうだけど…っ!
ということで、勝ち目のほとんどない闘いに挑むホーンブロワー。稼げるときに稼いでおこうとばかりにせっせと作戦を考えて実行していきます。レディ・バーバラが思ったより出張っていて(というよりホンブロワー内での占領が多い)ちょっとびっくりしました。笑。さて、続き続き…。


ISBN:4150400873




| セシル・スコット・フォレスター | comments (0) | trackback (0) |

『パナマの死闘』海の男ホーンブロワー セシル・スコット・フォレスター

『パナマの死闘』海の男ホーンブロワー
セシル・スコット・フォレスター
早川書房(文庫)
ISBN:4150400806

十九世紀初頭、敵国スペイン領アメリカに勃発した叛乱を密かに援助するため、武器弾薬を積んだ英国軍艦リディア号は太平洋に向かった。前途に立ち塞がるのは二倍の火力を持つスペインの巨艦。ホーンブロワー艦長、ブッシュ副長以下の精鋭は任務遂行のため、死を賭して攻撃をしかけるが-。

ホーンブロワーシリーズ第五弾です。日本では違いますが、シリーズ的にはこの巻が最初に発行されたようです。
全巻で新婚ほやほや(でもないか)のホーンブロワーですが、この巻では10年以上が経過し、すっかりおじさん。額の後退を気にしています。笑。中間管理職って大変ねぇ…という感じがひしひしと伝わってきます。
腐女子的にはこの巻から読むのはオススメできないですね。ちゃんと士官候補生から追わないと!あ、おやじモエの人はいいかもしれないですけど。笑。


ISBN:4150400806




| セシル・スコット・フォレスター | comments (0) | trackback (0) |

『トルコ沖の砲煙』海の男ホーンブロワー セシル・スコット・フォレスター

『トルコ沖の砲煙』海の男ホーンブロワー
セシル・スコット・フォレスター
早川書房(文庫)
ISBN:4150400709

トラファルガル海戦で大勝利を収めながらも壮烈な死を遂げたネルソン提督。その国葬で、ホーンブロワー艦長は水上葬儀の責任者という大役を果たす。だが休む間もなく、さらに困難な任務が彼に託された。トルコ近海に沈んだ英国の輸送船から、25万ポンド相当の金銀貨を秘密裡に回収せよというのだ。スループ艦アトロポス号を指揮して、ホーンブロワーは死の難関が待つ地中海へと向かった!

ホーンブロワーシリーズ4巻。水上葬儀の責任者という事であたふたとしながら妻との間を行き来するホーンブロワーが微笑ましいです。その後は秘密裡に沈んだ輸送船から硬貨を回収、ということで、トルコの目を欺きながら回収作業を行います。交渉役の折衝って大変なんだなぁ…としみじみ思いました。笑。
臨場感溢れる感じで、この話を映像化したらすごそうだなぁと思いました。


ISBN:4150400709




| セシル・スコット・フォレスター | comments (0) | trackback (0) |

『砲艦ホットスパー』海の男ホーンブロワー セシル・スコット・フォレスター

『砲艦ホットスパー』海の男ホーンブロワー
セシル・スコット・フォレスター 菊池光訳
早川書房(文庫)
ISBN:4150400598

スループ艦ホットスパー号の艦長に任命されたホーンブロワーは、下宿屋の娘マリアと結婚した。おりしもナポレオン治下のフランスとの海戦が目前に迫っており、挙式直後の彼にも出港命令が下る。フランスのブレスト港を監視し、情報を収集せよというのだ。彼は朋友ブッシュを副官に指名して出帆する。だが任務遂行中についに宣戦が布告され、ホットスパー号は嵐の中で敵艦の激しい迫撃を受けた!

面白かったー!つくづく思ったのが、ホーンブロワーはとても模範的な人物だと言う事。古い作品ということもあるし、書かれた時代もあるとは思うのですが、完全万能ではない、臆病も弱さもあるけれど、貧乏くじひいても、正面を向いて真っ当なタイプなんですね。それが読み継がれた原因でもあるんでしょうが。
かといって反感があるかというとそれはなく(笑)ワクワクして読んでます。


ISBN:4150400598




| セシル・スコット・フォレスター | comments (0) | trackback (0) |

『スペイン要塞を撃滅せよ』海の男/ホーンブロワー・シリーズ フォレスター

『スペイン要塞を撃滅せよ』海の男/ホーンブロワー・シリーズ
セシル・スコット・フォレスター 高橋泰邦訳
早川書房(文庫)
ISBN:415040058X

西インド諸島へ向かう戦列艦レナウン号に三等海尉として乗船したウィリアム・ブッシュは、五等海尉ホーンブロワーと出会い、その才覚に感銘を受けた。この航海の途次、艦長の言動が常軌を逸していき、彼らは反乱を謀議しはじめる。異常な状況下で、やがて艦の使命が明らかにされた。サント・ドミンゴ島のスペイン要塞を攻略せよというのだ。ホーンブロワーは知略を駆使して堅牢な要塞に立ち向かう!

ホーンブロワー第二弾。後の右腕となるブッシュ視点の作品です。…が、なんでこんなにキラキラしているのかと。かなり異様な雰囲気の文章になっております。甲板で半裸になって水浴びをしているホーンブロワーのキラキラ記述なんか、放り投げそうになりました。笑。
や、これハヤカワ文庫ですよね?と疑っちゃいましたよ。笑。
活躍した結果、タイミング良く昇格しそうだったホーンブロワーでしたが、その直後にどどーんと突き落とされたり、やや教訓的な展開もあり、でもやっぱりおもしろーい!ということで、読み応えばっちりのこのシリーズ、続きが楽しみです。


ISBN:415040058X




| セシル・スコット・フォレスター | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP    BACK >

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/04  aft>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼