現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST   

『バーナム博物館』 スティーヴン・ミルハウザー 柴田元幸訳

『バーナム博物館』
スティーヴン・ミルハウザー 柴田元幸訳
白水社(ノベルス)
ISBN:4560071403

瞳の色、唇の形、耳のひだに至るまで、ひとつひとつ詳細に思い描くことによって造り上げた幻影の女性、オリヴィア。彼女がもたらす甘美な呪いを描く「ロバート・ヘレンディーンの発明」『不思議の国のアリス』のパロディ「アリスは落ちながら」他、現代アメリカ文学の新鋭ミルハウザーによる10の煌めく短篇を収録。

変わった手法で小説を書く(私の中ではそういう認識になっている)ミルハウザーの短編集。一番印象に残ったのが「探偵ゲーム」で、これは「探偵ゲームをやっている人たち」と「探偵ゲームの進行状況ストーリー」が入り交じって面白かったです。元ネタというか、この探偵ゲームそのものがあるようなので、やってみたいですね。


ISBN:4560071403



| スティーヴン・ミルハウザー | comments (0) | trackback (0) |

『三つの小さな王国』 スティーヴン・ミルハウザー 柴田元幸訳

『三つの小さな王国』
スティーヴン・ミルハウザー 柴田元幸訳
白水社(ノベルス)
ISBN:4560071373

細部に異常なこだわりを見せる漫画家、中世の城に展開する王と王妃の悲劇的な確執、20世紀初頭のアメリカの呪われた画家の運命。俗世を離れてさまよう魂の美しくも戦慄的な高揚を描く珠玉の中篇小説集。

変わった形態の中編が入っています。1つ目の小さな王国はいわゆる普通の中編。手描きアニメーションにこだわる漫画家の話で、どんどんと頭の中でモノクロ映像化される感じで大好きです。2つ目はテーマを出してそれについて記述していく形。それでもきちんと話になっているのがすごいです。最後は絵画の解説カタログ風。今までにない形態にびっくりしました。


ISBN:4560071373



| スティーヴン・ミルハウザー | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP   

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/10  aft>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼