現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST    BACK >

『紫闇の玉座 上・下』彩雲国物語

『紫闇の玉座 上・下』彩雲国物語
雪乃紗衣
角川書店(ビーンズ文庫)
ISBN-13: 978-4044499211
ISBN-13: 978-4044499228
☆☆☆☆☆
 
続き▽

| 雪乃紗衣 | comments (0) | trackback (0) |

『暗き黄昏の宮』彩雲国物語 雪乃紗衣

『暗き黄昏の宮』彩雲国物語
雪乃紗衣
角川書店(ビーンズ文庫)
ISBN-13: 978-4044499198

監察御史・紅秀麗が、任務半ばで姿を消した!その報は瞬く間に朝廷を駆け巡り、国王の紫劉輝は心を痛める。秀麗の安否は気になるが、一官吏の彼女を特別扱いできない。そんな王の心を汲み、側近の藍楸瑛は、密かに秀麗を捜すことを決意する。一方、秀麗と同行していた榛蘇芳が帰還。彼が語った驚きの事実に劉輝は絶句する。秀麗の身に危険が、劉輝の治世には暗雲が立ち込める!?人気シリーズ第15弾、怒涛の最終章開始。(「BOOK」データベースより)

ついに終わりが見え、怒濤の風呂敷畳みが予想される展開になっております。全員集結、みたいになりそうですね。今回は倒れても秀麗が相変わらずで嬉しい。そして十三姫がかわいい。全員が幸せになることは難しいかもしれないけれど、悔いの残らない結果になるといいなぁと思います。


ISBN-13: 978-4044499198

| 雪乃紗衣 | comments (0) | trackback (0) |

『黄粱の夢』彩雲国物語 雪乃紗衣

『黄粱の夢』彩雲国物語
雪乃紗衣
角川書店(角川ビーンズ文庫)
ISBN-13: 978-4044499181

劉輝の父、覇王・せん華の時代。愛憎渦巻く朝廷で、必死に生き抜く第二公子・清苑を搦め捕った陰謀とは!?(「鈴蘭の咲く頃に」)秀麗を支える天下無敵の二人組、燕青と静蘭。交わるはずのなかった彼らの運命が交錯した夏を描く鮮烈な中編(「空の青、風の呼ぶ声」)ほか、秀麗の父・邵可と母・薔君の宿命の出会いと命がけの求婚を描く、著者渾身の書き下ろしを収録!!すべての物語が現在につながる、究極&珠玉の外伝集。(「BOOK」データベースより)

外伝集・・・ですが、今後のシリーズ新刊を読む上で外せない1冊。これは・・・先代ファン、増えるだろうなぁ。笑。燕青、静蘭、邵可という異色のラインナップのせいか、いつもより重めの仕上がりになっています。それでも今の姿が分かっていますので、やや安心(?)しつつ読むことができますが。色々な面を見せてくれるので、このシリーズの主要キャラで嫌いと言えるキャラがいないんじゃないかと思うくらいです。・・・ホントにいなかったりして。
一息ついて、ラストまで一気に駆け抜けてほしいものです。

彩雲国物語  黄粱の夢 (角川ビーンズ文庫)
ISBN-13: 978-4044499181

| 雪乃紗衣 | comments (0) | trackback (0) |

『黒蝶は檻にとらわれる』彩雲国物語 雪乃紗衣

『黒蝶は檻にとらわれる』彩雲国物語
雪乃紗衣
角川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4044499174

吏部尚書・紅黎深解任の報で朝廷が騒然とする中、吏部侍郎・李絳攸の処分を検討するため、御史大獄が開かれることに!絳攸を護ろうと必死な秀麗だけど、紅家の名に泥を塗られたと怒る紅姓官吏が、なんと一斉に出仕を拒否!!しかも、紅家の力で経済封鎖が行われ、王都の物価も高騰寸前!!大変な事態に、犬猿の仲の同僚・陸清雅と対応に追われる秀麗は!?王の官吏・秀麗の活躍は止まらない!!人気シリーズ第14弾。(「BOOK」データベースより)

シリーズ新作。ついに、終着点に向かって突き進み始めた気がします。内容詰め込みまくりのなだれるような展開です。後手後手に回って取る手段が減りまくってる王様がちょっと心配です…が、味方も一応増えたようですのでなんとか持ちこたえて欲しいものです。飛び続ける蝶、力尽きて落ちるだけにはならないでほしいですね。

彩雲国物語  黒蝶は檻にとらわれる (角川ビーンズ文庫)
ISBN-13: 978-4044499174

| 雪乃紗衣 | comments (0) | trackback (0) |

『黎明に琥珀はきらめく』彩雲国物語 雪乃紗衣

『黎明に琥珀はきらめく』彩雲国物語
雪乃紗衣
角川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4044499167

藍州への旅から王都に戻った秀麗に、衝撃的な報が届く。それはなんと、師匠と慕う絳攸が投獄されたという報せ。御史台のライバル・清雅が絳攸失脚に向け動いていたことを知り、絳攸の弁護を申し出た秀麗だけど……!?

絳攸ネタにケリがつき、それとともに紅家編がスタートです。超ひねくれ者の黎深と、超鈍感な絳攸がすれ違いまくって目も当てられない事になりかけた話(身も蓋もないw)。官僚として成長しつつある秀麗ですが、徐々に本人の謎も解かれていきます。次は紅家がメインですから、また否応なしに今まで以上に巻き込まれていくのでしょう。十三姫もしっかりと息抜きの場所になれそうですし、秀麗がどう打ち明けるのかも含めて続きも楽しみです。

彩雲国物語  黎明に琥珀はきらめく (角川ビーンズ文庫 46-16)
ISBN-13: 978-4044499167

| 雪乃紗衣 | comments (0) | trackback (0) |

『隣の百合は白』彩雲国物語 雪乃紗衣

『隣の百合は白』彩雲国物語
雪乃紗衣
角川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4044499150

年末武術大会の商品は、アノ方の恋愛指南!?秀麗を振り向かせるため、劉輝が男を見せる!?(『恋愛指南争奪戦!』)それは、少年・邵可が夢見たお伽噺。(『お伽噺のはじまりは』)他、書き下ろしも収録の豪華外伝集!

シリーズ新作は外伝集でした。ただお遊びサイドストーリーではなく、メインの人物以外の人に焦点を当てたサイドストーリーになっていますので、外伝とは言っても本編を読んでいる人は必読なのではないでしょうか。読み終わって「あぁ、このシリーズやっぱり好きだわ」としみじみと感じました。本編の新作も待ち遠しいです。

彩雲国物語隣の百合は白 (角川ビーンズ文庫 46-15)
ISBN-13: 978-4044499150

| 雪乃紗衣 | comments (0) | trackback (0) |

『白虹は天をめざす』彩雲国物語 雪乃紗衣

『白虹は天をめざす』彩雲国物語
雪乃紗衣
角川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4044499143

監察御史として歩み始めた秀麗。一方、国王・劉輝は、忠誠の「花」を返上して藍州へ戻った側近の楸瑛を取り戻すため、王都を密かに発つ。その劉輝を追うのは秀麗の役目となり…!?

シリーズ新作。前巻で引っ張ったいくつかのネタにケリがつきます。うだうだうだとどーしようもなかった劉輝にようやく王としての自覚が出る…といいな、の回です。とりあえず一人は確保できたし、徐々に地盤も固まりつつある…とは思うんですが、ホント遅いですよね。周りの人達もよく2年も持ちました。見極めには十分な時間だったと思いますし、国に帰ったら相当大変そうです。

彩雲国物語白虹は天をめざす (角川ビーンズ文庫 46-14)
ISBN-13: 978-4044499143

| 雪乃紗衣 | comments (0) | trackback (0) |

『青嵐にゆれる月草』彩雲国物語 雪乃紗衣

『青嵐にゆれる月草』彩雲国物語
雪乃紗衣
角川書店(文庫)
ISBN-13: 978-4044499136

テレビアニメも大人気!! 「彩雲国物語」待望の本編が登場!!
新しい職場・御史台で働き始めた秀麗。まだまだ下っ端で、雑用係もいいとこだけど、全ては修行!! 同僚の清雅や蘇芳と一緒に頑張る秀麗だけど、ある日、王様・劉輝に、名門・藍家のお姫様が嫁いでくるらしいと聞き!?

ようやく出ました、新刊。自らの首を絞めた劉輝に嫁ぐ予定のお姫様ネタの話。相変わらず最終的にはメインキャラのいい方に話が進みますが、そこはそれ。実は人材に恵まれているんだからがんばってくれ、劉輝。秀麗の体調についてはラストまで引っ張るのか、途中でリオウも絡めてネタにするのか。その辺も気になります。

彩雲国物語―青嵐にゆれる月草
ISBN-13: 978-4044499136

| 雪乃紗衣 | comments (0) | trackback (0) |

『彩雲国物語 緑風は刃のごとく』 雪乃紗衣

『彩雲国物語 緑風は刃のごとく』
雪乃紗衣
角川書店(文庫)
ISBN:4044499128

謹慎が解け、ヒラ官吏(冗官)として王城に復帰することになった紅秀麗。しかし彼女を待っていたのは、「一ケ月以内にどこかの部署で使われなければクビ」という、冗官たちへのキツイ解雇宣告だった!!「官吏でありたい!」と頑張る秀麗だったけど、他のダメダメ冗官たちの面倒まで見るハメになり!?

シリーズ第10弾。どこかご都合すぎ展開だったこのシリーズにもようやく暗部が出てきました。とはいいっても、最終的に本人が落ちるところまで落ちるという展開ではないので、安心して(?)読み始められます。あくまで成長ある上を目指す秀麗ですが、この情熱で、次の職場で役に立てるくらい成長すると…恐ろしいものがありそうなんですが。。。そして某家から姫が登場しそうですが、あの家の姫じゃやっぱり強そうなんですけど…。
 

ISBN:4044499128




| 雪乃紗衣 | comments (0) | trackback (0) |

『彩雲国物語 紅梅は夜に香る』 雪乃紗衣

『彩雲国物語 紅梅は夜に香る』
雪乃紗衣
角川書店(文庫)
ISBN:404449911X

任地の茶州から王都へ帰ってきた、彩雲国初の女性官吏・秀麗。しかし久々の故郷に喜ぶ間もなく、彼女はある出来事の責任をとるため、高位から一転、冗官として再出発することに!しかも、一時登城禁止を言い渡された秀麗は、街で自分にできることを探し始める。周りの皆に見守られつつ、ガンバル秀麗だけど、突然ヘンテコな貴族のお坊ちゃまに求婚されて!?またもや嵐が!?超人気シリーズ、満を持しての新章開始。

新章開始ということで、新キャラ登場。やっぱりヘンなキャラでした。笑。話的にはネタ振りちりばめという感じ。それぞれのキャラが決意した事、考えている事。キャラ間の関係にもそれなりに進展がありそうです。碧家が絡んできたからかもしれないですが、碧珀明のキャラが立ってきたなぁ、という印象。メインの道は決まっていて、その上ではちゃめちゃな展開になっているカンジがしますが、まぁビーンズだし…とスルーする点もありますが、さくっと楽しく読めるので続きが楽しみです。


ISBN:404449911X




| 雪乃紗衣 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP    BACK >

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/10  aft>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼