現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST    BACK >

『雨が降っても、生ビール』 菅野彰

『雨が降っても、生ビール』
菅野彰
コスミック出版(ソフトカバー)
ISBN-13: 978-4774790510
☆☆☆☆☆

42.195キロ、6000人が住む島2周。5キロしか走ったことがない不健康作家は、はたして走り切ることができるのか!?飲んだくれ作家、生涯一度のフルマラソン。(「BOOK」データベースより)

ほとんど丸ごとヨロンマラソンの話。あれだけ見事にダメダメな生活を曝しておいて(笑)なんと完走という結果。すごいなぁ、と思いはしますが、私だったらやりたくないです(←走るの嫌い)。この一連のエッセイが開始してから10年も経っている事に驚きましたが、だんだんゆるゆる加減が加速しているような気がします…。苦笑。や、面白いからいいんですけど。


ISBN-13: 978-4774790510

| 菅野彰 | comments (0) | trackback (0) |

『晴れ時々、生ビール』 菅野彰

『晴れ時々、生ビール』
菅野彰
コスミック出版(ソフトカバー)
ISBN-13: 978-4774790503
☆☆☆☆☆

車に乗ろうとしたら、どうしてそんなことになるのか目算を誤ってシートに激突して著者が大破しそうになった。そんな、体力下降線作家が挑んだ体力体験エッセイ。(「BOOK」データベースより)

おかしなゆるゆるエッセイ。公共機関で読むのはマズイと思いつつも、通勤電車で読んでしまいましたよ…(そして笑いそうになってゆがむ顔を必死でこらえる私がいましたとさ)。海馬に比べると緩さが増していて、面白いと思いつつも大丈夫かなこの人…と余計なお世話的な思いが思わず頭に浮かんでしまいました。実は人のことは言えないけど。続きが出るそうなのでそちらも楽しみです。


ISBN-13: 978-4774790503

| 菅野彰 | comments (0) | trackback (0) |

『女に生まれてみたものの。』 菅野彰

『女に生まれてみたものの。』
菅野彰
河出書房新社(ソフトカバー)
ISBN-13: 978-4309018928

アイドル修行で女義太夫、女子アナ目指して紙芝居!?ひょんなことから始まった「大人の女」修行。宿敵長州娘と日本全国西へ東へ大暴走!愛と涙の勘違い珍道中を描いたノンストップ爆笑エッセイ。(「BOOK」データベースより)

ウェブエッセイをまとめたもの。…なので、既に読んだことがあるのですが、読み返すとやっぱり面白いです。なんというか…エッセイストとして(違うw)希有な人だなぁと思いました。笑。タイトルはともかくとして中身は色々考えさせられる部分もあったりするんですが、でもやっぱり爆笑エッセイなんだよなぁと落ち着いてしまいます。裏に海馬の宣伝があるのにも笑ってしまいました。

女に生まれてみたものの。
ISBN-13: 978-4309018928

| 菅野彰 | comments (0) | trackback (0) |

『海馬が耳から駆けてゆく』5 菅野彰

『海馬が耳から駆けてゆく』5
菅野彰
新書館(文庫)
ISBN-13: 978-4403541308

「四十になったら、振り袖を着ましょうとも!」 友人・月夜野亮のその一言を、著者は忘れはしなかった……。周囲も総ざらいに巻き込んで、阿鼻叫喚の宴の準備。果たしてどうなりますか——!? ニャン太との、切ない最後の日々を綴った「文庫版後書き」も収録!! 日本を抱腹させた爆笑エッセイ、とりあえずの最終巻!!

相変わらずの爆笑エッセイ。ホントこの人はエッセイのほうが向いていると思います(失礼?)。そんな中も今回は愛猫との別れの話が載っていて、歳を取って(・・・)涙もろくなった気がする私にはジーンときてしまいました。猫飼ったことないけど。あらすじにある誕生会ネタも面白い。池袋は行動範囲内なので、ぜひお目にかかりたかったです・・・。一応海馬としては終わりのようですが、次のエッセイのタイトルが気になるところです。

海馬が耳から駆けてゆく 5 (5) (新書館ウィングス文庫 130)
ISBN-13: 978-4403541308

| 菅野彰 | comments (0) | trackback (0) |

『不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ』3 菅野彰

『不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ』3
菅野彰
イーストプレス(ソフトカバー)
ISBN-13: 978-4872577747

川越七福神、芦ノ湖一周、五色沼、縄文杉。その距離なんと、合計55.3キロ。東京駅から成田空港まで!
歩いた歩いた歩いたの第三巻。でも健康……?

エッセイ第三弾。今回は比較的(?)健康的です。でも翌日大変なのに前日夜に酒盛りしちゃアカンと思いますよ…。近場の川越も気になりますが、縄文杉も見てみたいですねぇ。でもお弁当2つ持って10時間と聞くとなんだかためらいが…。苦笑。

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ 3 (3)
ISBN-13: 978-4872577747

| 菅野彰 | comments (0) | trackback (0) |

『海馬が耳から駆けてゆく』4 菅野彰

『海馬が耳から駆けてゆく』4
菅野彰
新書館(文庫)
ISBN-13: 978-4403541148

旅また旅。行く先々で起こる、おかしかったり、美しかったり、哀しかったり、やさしかったりする様々な出来事…。そして、著者を襲う、再びの厄年! 『Wings』掲載のエッセイを収録した第4弾。

爆笑エッセイ集。この間他のエッセイを読んだせいか、あまり間が空いていないと思ったらすごい空いていたんですね…。今回は厄年関係のネタ(というか厄年に結びつけちゃったトラブル関係)が多かったですが、そんなにないだろ!?と思ってしまいくらい盛りだくさんでした。読んでいる分にはおもしろいんですが、ほんとに大丈夫かしら、この人…。苦笑。

海馬が耳から駆けてゆく 4 (4)
ISBN-13: 978-4403541148


| 菅野彰 | comments (0) | trackback (0) |

『不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ』2 菅野彰

『不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ』2
菅野彰
イースト・プレス(ソフトカバー)
ISBN:4872576020

占いをしてもらったり、普段使わない肉体を使ったり、旅行をしたり。「恋運歴」に掲載された、赤裸々エッセイをまとめた1冊。

今回は著者の写真カバーで、赤裸々度アップしてます。笑。おばぁさまの縫った浴衣を着て、飲んだくれている表紙なんですが…いいのだろうか…。割と最近献血に行ったので、最初の献血話には頷くことしかり。編集者や編集長も巻き込んで、自分の体をネタにしても続くこのシリーズ(?)、かなり楽しみです。


ISBN:4872576020



| 菅野彰 | comments (0) | trackback (0) |

『海馬が耳から駆けてゆく』2 菅野彰

『海馬が耳から駆けてゆく』2
菅野彰
新書館(文庫)

ウィングスその他諸々に連載していたエッセイ集第2弾。パソコン導入話もあり。かなり笑える。

あぁぁあらすじと感想がいっしょくた。でもさ、エッセイ集にあらすじも何もないと思うの。バカ受け。



| 菅野彰 | comments (0) | trackback (0) |

『不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ』 菅野彰

『不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ』
菅野彰
イーストプレス(ノベルス)

「結婚への道」、「人生80年修行の旅」、および表題シリーズとして「恋運歴」「H×H」に連載、掲載されたエッセイ集。

えー…この人、こんな赤裸々にエッセイ書いていいのでしょうか…。と読むたびに思ってしまいます。笑。おもしろいのですが…えぇそりゃ下手したら小説よりも…。え、えへ。いろいろな占いをするたびに「仕事に生きろ」というアドバイスをもらっているようなので、これからも続けて欲しいです。えぇ、小説ももちろんエッセイも。



| 菅野彰 | comments (0) | trackback (0) |

『海馬が耳から駆けてゆく』3 菅野彰

『海馬が耳から駆けてゆく』3
菅野彰
新書館(文庫)

小説家・菅野彰と、彼女を取り囲む人々&動物(おもに猫一匹)の、フツーのようでフツーでない、この日常は、いったいなんなのか!?爆笑エッセイ文庫化第三弾。


相変わらずの爆笑ネタ満載のエッセイ集。なんというか、この人、小説家というよりエッセイストとしての知名度のが高いと思う…。笑。この人のエッセイは、後世に残ったら死ぬほど恥ずかしい系だと思われるんですが…その時には死んでるんだから、いいのか…(ホントにいいの?)。



| 菅野彰 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP    BACK >

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/08  aft>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼