現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST   

『啓示』FATAL ERROR 11 新堂奈槻

『啓示』FATAL ERROR 11
新堂奈槻
新書館(ウィングス文庫)
ISBN-13: 978-4403541582
☆☆☆☆☆

一朗、宏貴、要はついに再会を果たした。そして隠れ家を目指そうとした時、未知から電話が入る。美由紀と省吾を助けてほしい、と…!行き先を変え、危険な街・東京へと向かう一行。そんななか、一朗の胸に去来したことがある。奇蹟を起こす時はいつも、代償が返ってきた。この力は有限だと、思い知らされてきた。だからこそ決めた、最後の“願い”を―。空前絶後のサイキック・ファンタジー、ついにフィナーレ!その後の彼らを描いた書き下ろしショートストーリーも収録。(「BOOK」データベースより)

ついに完結です。ウィングスノベルス時代から読んでいますので、軽く10年越え。長かった…けど、完結してよかったです。最後まで一朗が一朗で嬉しくなりました。何かみんなよかったねぇ、としみじみ思ってしまったり。書き下ろしのショートストーリーは蛇足的な感じでしたが、なんだか本当に完結してしまったんだなぁと実感できるものでした。そしてやっぱりこの人の後書きはおかしすぎます…っ!


ISBN-13: 978-4403541582

| 新堂奈槻 | comments (0) | trackback (0) |

『鼓動』FATAL ERROR 10 新堂奈槻

『鼓動』FATAL ERROR 10
新堂奈槻
新書館(ウィングス文庫)
ISBN-13: 978-4403541513

要を取り戻した一朗と常葉は、鬼の里を目指していた。治癒師の力を借りて、要の覚醒を促そうとしたのだ。けれど一朗たちの車は山の中で立ち往生し、邪霊の一斉降臨もあって、身動きが取れなくなる。そして一朗はついに決意する。「奇蹟」をなすことを。それがたとえ、己の身に代償を受ける行為だとしても…!一朗、要、宏貴の束の間の休息を切り取ったショートストーリーと、美由紀と省吾の静かな日々を描いたショートコミックも収録。クライマックス直前、サイキック・ファンタジー第十弾。(「BOOK」データベースより)

ついに覚醒起床!前巻ラストで逃走を図った一行。バラバラになっていたそれぞれがようやく集合し…と、ラスト1冊を控えてまとめに入りました。通勤電車で一気読み。やっぱりこの三人が揃うとなんだかギャグになってしまいますが、ちょっと安心しました。一朗の能力ルールもだいぶ分かってきて、本人の覚悟もだいぶできているよう。最終刊が楽しみです。


ISBN-13: 978-4403541513

| 新堂奈槻 | comments (0) | trackback (0) |

『回帰』FATAL ERROR 9 新堂奈槻

『回帰』FATAL ERROR 9
新堂奈槻
新書館(ウィングス文庫)
ISBN-13: 978-4403541353

単独行動に踏み切った一朗の真意を知らず、深く落ち込む宏貴。そんな中、天神を統べる玉帝が地神殱滅を呼びかけたため、次々と天神が降臨しはじめる。この状況を危惧する地神たちは、宏貴ら天神を襲う…!唯一、嘘のつける天神・隆司の使命は、宏貴の盾になることだから―。驚天動地のサイキック・ファンタジー第九弾。(「BOOK」データベースより)

どんどん過酷な状況に(特に鬼が)なっていくこのシリーズ。イラストと会話でやや軽くなっているものの、ラストに向かってなんだか黒々しい道筋がついているような気がしてなりません。そして今回はみんなが気にする一朗もまったく出てきません。苦笑。ラストに救いがあるといいんですけどねぇ。

回帰―FATAL ERROR (9) (ウィングス文庫) (新書館ウィングス文庫)
ISBN-13: 978-4403541353

| 新堂奈槻 | comments (0) | trackback (0) |

『崩壊 FATAL ERROR8』 新堂奈槻

『崩壊 FATAL ERROR8』
新堂奈槻
新書館(文庫)
ISBN:4403541119

宏貴たちから離れた一朗は、地神の常葉や春日と行動を共にする。それは、大事な身内や無関係な人を巻き込まないため。そして、地神の仲間に粛清された要を救出するため。けれどそんな一朗に、常葉は憎悪を向け、春日は嫌がらせばかり。ふたりの情け容赦のない仕打ちに必死に耐える一朗だが、果たして要と無事に再会できるのか…!?

クライマックスに向けてまだまだ続くよ怒濤の展開、という感じでしょうか。いや怒濤という程展開があるわけではないのですが、まだまだ新キャラが増えたりして、ちょっと今後大丈夫なの?と思わず不安になってしまったり。
そして何ともコメントしづらい後書き(でも好き)に相変わらずだなぁと苦笑したり。一朗が納得のいくラストを期待しています。

崩壊―FATAL ERROR〈8〉
ISBN:4403541119


| 新堂奈槻 | comments (0) | trackback (0) |

『遠雷 FATAL ERROR7』 新堂奈槻

『遠雷 FATAL ERROR7』
新堂奈槻
新書館(文庫)
ISBN:440354102X

"第三の神"一朗の正体を地神の仲間に明かさなかったため、粛清されてしまった要。一方、地神に狙われた一朗は、要の安否を気遣いながらも、宏貴、隆司と共に逃亡生活を送っていた。そんな彼らの前に、衰弱した要を連れた常葉が現れ、仲間を裏切ったと告げ助力を求める。それは真実なのか、それとも罠なのか? とりあえず行動を共にする五人だが……。『七姿』と呼ばれる地神の春日が、人間の命の儚さを嘲笑う。ショートストーリーも収録した、怒濤のサイキック·ファンタジー第七弾!

衝撃の部分で終わっていた前巻。要を助けたいと思いつつもとりあえず逃げの生活をする一朗たち。そして要の方は常葉がついに吹っ切れるというかぶち切れるというか…。新たな鬼も出現して、盛り上がりまくりです。
そしてヘンな後書きも健在で嬉しいです。笑。
今回、後書きの後にオマケショート(外道)があるんですが、えー…いかにもオマケペーパーみたいな。笑。
とりあえず続きを楽しみに待ちます。。。


ISBN:440354102X




| 新堂奈槻 | comments (0) | trackback (0) |

『悪夢』FATAL ERROR 6 新堂奈槻

『悪夢』FATAL ERROR 6
新堂奈槻
新書館(文庫)
ISBN:4403540902

なんと要がお見合い!?地神の大物・理子が強引に決めたお見合い相手は、感受性の強い女子高生・未知。だが当日、何故か要の代わりに一朗が彼女の相手をすることに。一方、自覚のない「第三の神」、一朗が起こしてきた奇蹟の力が、天神と地神、両方の注目を集めていた…。

あらすじの「突然の終止符が」という言葉で、すっかり最終巻だと思って読んでました。…全然終わってないから!!笑。普通の、日常はこの巻で一区切りです。一朗も決意したことだし。宏貴の方も、何かひと騒動ありそうで、まだまだ目が離せないって感じです。

ISBN:4403540902



| 新堂奈槻 | comments (0) | trackback (0) |

『契約』 新堂奈槻

『契約』
新堂奈槻
新書館(文庫)(文庫)

FATAL ERROR3。恵名との戦いで霊気を大放出した宏貴のために、一朗は生気補充のための旅行を計画する。しかし出発早々宏貴と要の間にいつも以上の険悪なムードが漂い・・・?

ようやく出ました3巻。そしてやっぱり文庫なのね・・・。バカで一途な一朗がなんだかとってもお気に入りで、コイツは全然変わらないといいなぁとか思ってる。とりあえず文庫になっちゃったので既刊の文庫も買うかなぁ。



| 新堂奈槻 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP   

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/04  aft>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼