現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST   

『「高野聖」殺人事件』 楠木誠一郎

『「高野聖」殺人事件』
楠木誠一郎
中央公論新社(ノベルス)

鏡花は編集者鯛之介の口車に乗せられて、連花寺へと連れだされた。「連続美女神隠し事件」の被害者がここで目撃されたというのだ。彼らはその場所で足首が切られた美女が息絶えたところに出会い・・・? 

シリーズ第1作。潔癖症が強調されてて笑える。巻き込まれてばたばたしているだけなのに、いつの間にか謎が解けている気弱な鏡花・・・(笑)



| 楠木誠一郎 | comments (0) | trackback (0) |

『「夜叉ヶ池」殺人事件』 楠木誠一郎

『「夜叉ヶ池」殺人事件』
楠木誠一郎
中央公論新社(ノベルス)

鏡花を囲み、酒肴を楽しむ鏡花会が旅館「湖畔亭」で催されることに。折しも11月、実際にろうそくを立てて「百物語」をすることになった。そして百本目のろうそくが消されたとき、右腕を切り落とされた第1の殺人が起き・・・?

やっぱり情けない。いや、だけど、やらされてしまう弱気なところが新鮮。まさに受難。だって押しに弱いんだもん。



| 楠木誠一郎 | comments (0) | trackback (0) |

『「草迷宮」殺人事件』 楠木誠一郎

『「草迷宮」殺人事件』
楠木誠一郎
中央公論新社(ノベルス)

講演を行うため、逗子へ行くことになった鏡花。その時警視庁に「鏡花、逗子に死す」という脅迫文が届いた。講演を終えた鏡花の耳に、自作「草迷宮」の手鞠歌が聞こえ、変わり果てた姿となった長女が発見された・・・。

シリーズ完結。ようやく子犬に名前が付きました。鏡花もだいぶ外の世界に慣れたようで・・・。でも列車の中でうどん煮るのはどうかと思う・・・(汗)。



| 楠木誠一郎 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP   

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/04  aft>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼