現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST    BACK >

『鬱金の暁闇8』破妖の剣6 前田珠子

『鬱金の暁闇8』破妖の剣6
前田珠子
集英社(コバルト文庫)
ISBN-13: 978-4086014892
☆☆☆

破妖刀「紅蓮姫」の第二の使い手アーゼンターラと紫紺の妖主の戦いの火ぶたが今や切って落とされようとしていた…。一方、「紅蓮姫」の真の使い手ラエスリールは、永い眠りから目覚め、母チェリクの身体のなかでさらなる力を得、完全復活の時を迎えようとしている。魔性最強の妖主たちさえをも従えた「雛の君」が仕掛けようとしている新たな「遊戯」とは!?最も激しい聖戦が今始まる…。(「BOOK」データベースより)

前回があまりにアレだったので、買うのをためらっていましたが…やっぱり続きが気になるもので。でもまず言いたい。ここで終わって次は他シリーズの続きに手を出すの?じゃぁこれの続きはいつなのさ!?ということでちょっとは進んだ、進んだけどここで切るってことは相当しばらく続きが出ない気がします。すっかり内容の感想ではありませんが、内容的にはやっと準備が整いました、という辺りで終わっております…。


ISBN-13: 978-4086014892

| 前田珠子 | comments (0) | trackback (0) |

『鬱金の暁闇7』破妖の剣 前田珠子

『鬱金の暁闇7』破妖の剣
前田珠子
集英社(コバルト文庫)
ISBN-13: 978-4086014601
☆☆☆

史上最強の破妖の剣「紅蓮姫」の現・使い手ターラの死闘が続くなか、永い眠りから覚めたラスはセスランら旧い友人たちとの感動の再会を果たしていた。その一方でターラは、雛の君の差し金によって紫紺の妖主との闘いに臨むことになるのだが…!?いまだかつてない激しい攻撃に、ターラは耐えることができるのか!?そしてついに、母チェリクに導かれ、ラスが本来の力を発する時がきた…。(「BOOK」データベースより)

ついうっかり買ってしまったので(だって完結する保障はないわけで…)ようやく、ようやく少し話が進んだような気がします。とは言っても、厚みの割に出てくるキャラが多いからか、進んでもやっぱりほんのちょっぴり、なんですけど。最後の戦いへの序章、という印象なんですよね、ここまで巻数が進んでも。。。えーと、続きもなんとか出してください…。


ISBN-13: 978-4086014601

| 前田珠子 | comments (0) | trackback (0) |

『鬱金の暁闇6』破妖の剣 前田珠子

『鬱金の暁闇6』破妖の剣
前田珠子
集英社(コバルト文庫)
ISBN-13: 978-4086014335
☆☆

母チェリクの導きによって、ラエスリールが遂に永い眠りから覚めた!そして、第六の妖主・雛の君の目論見がつまびらかになっていく―。一方、破妖刀「紅蓮姫」の現・使い手であるアーゼンターラは死闘の末、心身ともにボロボロになりながら、紫紺の妖主との決戦地に踏み込んでいく。そして、世界の揺らぐ気配に気づいた乱華は、必死に緋陵姫を守ろうとするのだが―!?怒涛の展開。(「BOOK」データベースより)

巻数が進んでいく割に話の進みが遅いと感じる今日この頃。外伝は外伝で出してるのに、この巻も1/3強が外伝になっていますので、分量的に少ないからかもしれませんが…なんだろうこれ。全然進んでない気がします。「鬱金の暁闇」はホントにボロボロな印象です。いっそ完結するまで手を出さないのが吉なのかもしれません…(いつになるか分からないけど)。


ISBN-13: 978-4086014335

| 前田珠子 | comments (0) | trackback (0) |

『紅琥珀』破妖の剣 前田珠子

『紅琥珀』破妖の剣
前田珠子
集英社(コバルト文庫)
ISBN-13: 978-4086013734
☆☆☆

浮城を追われ、ラスと闇主が逃亡生活を送っていたころ…怪我をした女戦士と子供を連れたラスが辿り着いたアルバワヌの里。そこには、異形を仮面で隠した人々が暮らしていた。彼らの肌には「紅琥珀」と呼ばれる石が埋まっていて。この件に魔性が関わっていると察したラスは里を救うべく奮闘するが…!?表題作「紅琥珀」ほか、「縁魔の娘と黒い犬」「鏡の森」が収録された珠玉の外伝短編集。(「BOOK」データベースより)

破妖の剣の外伝。うっかり買うのを忘れる位にはコンスタントに出てるし、逃亡中のラスも好きなんですけど…本編いつ終わるのかな…と思ってしまうのは仕方のないことで。某人の過去の悪行がネタになってトラブルに巻き込まれて…な王道展開で脇の枝ばかり増えていくこの状況に、なんだかどこかの二次創作を読んでいる気分です。読むと面白いから良いと言えば良いんですけど、なんだか釈然としない気分がふつふつとわき起こってきております。苦笑。


ISBN-13: 978-4086013734

| 前田珠子 | comments (0) | trackback (0) |

『言ノ葉は呪縛する』破妖の剣外伝 前田珠子

『言ノ葉は呪縛する』破妖の剣外伝
前田珠子
集英社(コバルト文庫)
ISBN-13: 978-4086012850

総部数250万部を突破した大人気シリーズ『破妖の剣』が帰ってきた!ガンダル・アルスを襲う魔性たちと戦う破妖剣士の少女ラエスリールと、彼女を守る謎の美青年闇主の大冒険の世界が再び繰り広げられる…!言の葉姫に守られてきたマヤフの王都クタハが猛火に包まれた。それはある妖貴の仕業で!?今わの際、言の葉姫は最大の力で『呪』を発動したのだが、それが愛の始まりに…。(「BOOK」データベースより)

出ていることを知らずに、あわてて入手しました。とっても久々、破妖です(外伝だけど)。今回からイラストが変更になったようですが、ここまで似せるなら別の人にした意味が無いような気がします…。内容は外伝ということで、ラスと闇主は脇役です。メインの言の葉姫ですが…この設定、別のシリーズから引っ張ってきたのでしょうか…?破妖の世界というよりは、天支のシリーズの方に通じるような気がします。文章も軽めで、内容も軽め。これから本編再開らしいので、作者&読者共にリハビリというところでしょうか。既刊を読み返したくなりました。

言ノ葉は呪縛する―破妖の剣外伝 (コバルト文庫)
ISBN-13: 978-4086012850

| 前田珠子 | comments (0) | trackback (0) |

『天を支える者 4』 前田珠子

『天を支える者 4』
前田珠子
集英社(文庫)
ISBN-13: 978-4086008846

天を支える柱神の選定者にして「不幸中の幸いの権化」ナルレイシアは、王太子に無事解放されたのだが、ファティ・リンシャのお屋敷に帰り着く直前、再度何者かにさらわれる。しかも信じられないことに、犯人は王族のよく知られた人物で…!?

ようやく進んだ本編、一区切りしました。不幸に見舞われまくっているナルレイシアですが、それでもそれなりにちゃんといい選択をしているような気がします。しかしコレがあと3回も続くとなると…どうなるのか、彼女。笑。そして一区切りつくと(いや、つかなくてもか)とたんに続編が出なくなるこの著者は…えーと、破妖の続き、待ってます。笑。

天を支える者 4 (4)
ISBN-13: 978-4086008846

| 前田珠子 | comments (0) | trackback (0) |

『天を支える者』古戀唄4 前田珠子

『天を支える者』古戀唄4
前田珠子
集英社(文庫)
ISBN:4086007592

「あなたこそディエーン王国の安寧の灯を継ぐお方、次代柱神の最有力候補です」と、「選定者」に突如告げられたアマンシール。王女クランクレイアと七年越しの恋をやっとの思いで実らせ、2人の将来について考え始めた矢先のことだった。途端に政争の矢面に立たされたアマンシールは命さえも狙われ、クランクレイアとの結婚話も風前の灯火に…。運命に裏切られた恋人達が下した決断とは。

やっぱり終わってなーい!と叫ばずにはおれないですよね…。苦笑。薄いながらも、割とさくさく出しているトコロは嬉しいんですけどねぇ。でも完結したら読み返さないとダメですねコレ。
次回こそは完結!と後書きにありますが、この進み具合を見るに、微妙だと思います。。。


ISBN:4086007592




| 前田珠子 | comments (0) | trackback (0) |

『天を支える者』古戀唄3 前田珠子

『天を支える者』古戀唄3
前田珠子
集英社(文庫)
ISBN:4086007290

「クランの父君がルーシアルの柱神さま!?」突如クランクレイアの出生の秘密が明らかになり、動揺を隠せないアマンシール。兄妹のような絆をゆっくり育ててきた二人だったが、途端に周囲がそれを許さなくなる。さらに、柱神さまの縁故者という謎の青年、ギスカリールがアマンシールに接近してきて。世界が急変しようとするただ中で、アマンシールとクランはようやく愛に気付き始める…。

長くなりつつある番外編(たぶん)です。アマンシールにも自覚が出てきて、今回のラストでようやく…二人の恋心ではなく、物語そのものの、流れの進展がありそうです。このステキなまでの恋愛音痴、誰かを連想するなぁ…と思っていたのですが、そう、ラエスリールですよ!彼女もステキな恋愛音痴ですよねぇ…。あれの続きも待ち遠しい…。笑。


ISBN:4086007290





| 前田珠子 | comments (0) | trackback (0) |

『天を支える者 古戀唄』2 前田珠子

『天を支える者 古戀唄』2
前田珠子
集英社(文庫)
ISBN:4086006928

君の笑顔が世界を変える??。
王女クランの話し相手として王宮に通うことになったファラスース侯爵家三男坊ガジェス。周囲のねたみや嫌がらせに抵抗しながら、二人は絆を深めていくが?。少年少女の運命のラブロマンス第2作。

案の定、案の定終わりません…。というか番外編シリーズと化した様です。笑。二人が出会って、ガジェスがある程度自覚するまで…ってまぁ自覚するだけで行動にはあまり移せないわけですが。作者のささやかな目標の一つ、小さな恋のメロディは達成できてよかったですね。


ISBN:4086006928



| 前田珠子 | comments (0) | trackback (0) |

『天を支える者 古戀唄』 前田珠子

『天を支える者 古戀唄』
前田珠子
集英社(文庫)
ISBN:4086006243

王立学院の入学を目前に控えたファラスース侯爵家の三男坊ガジェスの頭を占めるのは、「なぜ虹はできるのか」などといった自然科学にまつわる夢想ばかり。彼が王宮の庭園で散歩をしていた時、空から少女が降ってきた。彼女の名はクランクレイア。「女神の娘」と呼ばれるいわくつきの王女で…。

天を支える者、番外編です。番外編ですが…終わってません。さすが(?)前田珠子。これ、もしかして番外編終わらないと本編の続きが出ないんでしょうか…。なんだかあと1冊でも終わらない感じなんですけど。当てにはなりませんが、近いうちに番外編の続きを出すようなので、それを楽しみにしましょう。うん。


ISBN:4086006243



| 前田珠子 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP    BACK >

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/10  aft>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼