現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST   

『今夜はパラシュート博物館へ』 森博嗣

『今夜はパラシュート博物館へ』
森博嗣
講談社(ノベルス)

萌絵と練無が大学でばったり出会う「ぶるぶる人形にうってつけの夜」他、シリーズ関係なしに7編を綴った短編集。

何でこんなに量産なのか。とりあえず何でもかんでも集めた短編っぽいので、一番森さんらしくない。まさに統一感のない感じでした。



| 森博嗣 | comments (0) | trackback (0) |

『月は幽咽のデバイス』 森博嗣

『月は幽咽のデバイス』
森博嗣
講談社(ノベルス)

阿漕荘(保呂草)シリーズ第3弾。狼男が住んでいると噂の豪邸で奇妙な密室事件が起こった。その謎を七夏VS紅子、保呂草VS紅子が挑む(ちょっと違う)・・・結局謎は紅子が解くんだけど。

やはり保呂草氏がいい。あのトリックはちょっとヒドイと思うが、まぁいいか。フェアとは言いにくいが、思いつくだけすばらしい。



| 森博嗣 | comments (0) | trackback (0) |

『女王の百年密室』 森博嗣

『女王の百年密室』
森博嗣
幻冬舎(ハードカバー)

彷徨っていた僕が不思議な老人の案内によって辿り着いた宮殿は、全く争いや諍いのない街だった。そこで起こった王子の殺人事件。ここでは「死ぬ」ことを「永い眠りにつく」というのだが・・・?

イメージ的に現代かもっと昔だと思ってたけど、近未来だった。ちょっと人格崩壊的なラストなんだけど、これはいいなぁ。



| 森博嗣 | comments (0) | trackback (0) |

『魔剣天翔』 森博嗣

『魔剣天翔』
森博嗣
講談社(ノベルス)

航空ショーでアクロバット演技中のパイロットが撃たれ、死んだ。衆人環視の中、成立した空中の完全密室。この謎を紅子は解けるのか・・・?

めずらしくそんなに保呂草さん、悪いことしてない(笑)彼の悪いことつながり知人も出てきたけど、割と普通かな・・・って書くと私の保呂草さんのイメージが分かるわね・・・(苦笑)



| 森博嗣 | comments (0) | trackback (0) |

『工学部・水柿助教授の日常』 森博嗣

『工学部・水柿助教授の日常』
森博嗣
幻冬社(ソフトカバー)

ブルマもハンバーガも居酒屋の梅干で消えた鞄と博士たち。ミステリィ・サークルもコンクリート試験体も海の藻屑と消えた笑えない津市の史的指摘。試験にまつわる封印その他もろもろを今さら蒸し返す行為の意義に関する事例報告および考察(「これでも小説か」の疑問を抱えつつ)。若き水柿君の悩みとかよりも客観的なノルスタジィあるいは今さら理解するビニル袋の望遠だよ。世界食べ歩きとか世界不思議発見とかボルトと机と上履きでゴー(タイトル短くしてくれって言われちゃった)。

・・・何となく目次書き写してみました。だってこんな話なんだもん。さて、これはエッセイなんでしょーか。



| 森博嗣 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP   

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/08  aft>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼