現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST   

『ムジカ・マキーナ』 高野史緒

『ムジカ・マキーナ』
高野史緒
早川書房(文庫)
ISBN-13: 978-4150306939

1870年、理想の音楽を希求するベルンシュタイン公爵は、訪問先のウィーンで、音楽を絶対的な快楽に変える麻薬“魔笛”の流行を知る。その背後には、ある画期的な技術を売りにする舞踏場の存在があった。調査を開始した公爵は、やがて新進音楽家フランツらとともに、“魔笛”と“音楽機械=ムジカ・マキーナ”をめぐる謀略の渦中へ堕ちていく…虚実混淆の西欧史を舞台に究極の音楽を幻視したデビュー長編。(「BOOK」データベースより)

文庫落ちしたので再読。歴史音楽SFモノ…という分類があるのか分かりませんが。才能はあるけど垢抜けないフランツが、あれよあれよという間におかしくなりかけてでもがんばる話。ラストに向かっての怒濤のような展開がたまりません。しっかりSFなんだけど歴史で音楽で、それぞれが上手く融合されていて、なんというか他にはない独特の世界になっています。なんでこれが無冠のデビュー作なんだろう…?と首をかしげてしまいます。

ムジカ・マキーナ (ハヤカワ文庫JA)
ISBN-13: 978-4150306939

| 高野史緒 | comments (0) | trackback (0) |

『ラー』 高野史雄

『ラー』
高野史雄
早川書房(ノベルス)
ISBN:4152085711

ピラミッドの謎に魅せられ、その生涯を「タイムマシン」の開発に費やした現代人ジェディは、紀元前2624年への時間跳躍に成功する。だが、クフ王の治世下にあるエジプトで彼が目にしたのは…。

タイムトラベルSFもの。起伏があまりなくダラダラと進んでいくので、細切れに読むよりは一気に読んでしまった方がのめり込めそうです。
古代エジプトでの記述がほとんどで、すごくリアルというか…妄想しやすいです。笑。これは古代エジプト好きな人にはたまらないかも。
ジェディとメトフェルの心情変化がじんわりします。


ISBN:4152085711




| 高野史緒 | comments (0) | trackback (0) |

『ウィーン薔薇の騎士物語』4 奏楽の妖精 高野史緒

『ウィーン薔薇の騎士物語』4 奏楽の妖精
高野史緒
中央公論新社(ノベルス)

力無き奏者を狂気に落とすという、幻のヴァイオリン「シレーヌ」。ベルンシュタイン公爵はその伝説の名器の弾き手を捜しているという。公爵に招かれたフランツはそこで殺人事件に遭い・・・?

ふむ。妥当な終わりかな。ちょっと詰まってしまった感じはあるけど。フランツが成長しちゃってるので、もうすぐ美少年という表現はなくなるかな。あ、でも美青年になるかもしれないのか(でも結構どうでもいい)。



| 高野史緒 | comments (0) | trackback (0) |

『ウィーン薔薇の騎士物語』2 高野史緒

『ウィーン薔薇の騎士物語』2
高野史緒
中央公論新社(ノベルス)

フランツのソロデビューの席上、彼が奏でる旋律が最高潮を迎えた時。一人の若き令嬢の命が途切れた。これは死を呼ぶ舞踏曲なのかー。

ビビった・・・。Cノベなのにいいのか!?とか思ったぞ。・・・いいのかっ!?吸血鬼ネタで妖しい新キャラを含めた主要キャラ勢揃い。と、いうか・・・高野さん、いいの・・・?



| 高野史緒 | comments (0) | trackback (0) |

『ウィーン薔薇の騎士物語』3 虚王の歌劇 高野史緒

『ウィーン薔薇の騎士物語』3 虚王の歌劇
高野史緒
中央公論新社(ノベルス)

名誉あるバイエルン王御前演奏会の選考会に挑む薔薇の騎士四重奏団。同じ舞台に現れたライヴァルの姿はなんと麗しき狂王ルードヴィヒ二世の若かりし頃にそっくりで・・・?

今まで人物紹介に重点が置かれていた感じで、やっと本編開始?みたいな感じ。ちゃんと普通に演奏してるし。トビアスとルドルフの関係が明らかになりましたね。



| 高野史緒 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP   

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/10  aft>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼