現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST    BACK >

『エンジェル・ハウリング』10 秋田禎信

『エンジェル・ハウリング』10
秋田禎信
富士見書房(文庫)
ISBN-13: 978-4829116562

追い続けた父の背中はもう無い。父が何をしたかったのか。父は自分に何をさせたかったのか。それを知るために、フリウは始まりの場所を目指す。そこは、硝化の森の一番奥。精霊たちの生まれるところ。きっとそこには、全ての元凶たる精霊アマワがいる。そう信じてフリウは進む。「心の実在」を証明しろと問いかける精霊アマワへの答えを持って。いつだって、信じる心だけが真実へたどり着ける。Wヒロイン・ザッピングファンタジーいよいよ最終巻!フリウとミズー、大きな力に翻弄された二人のヒロインの運命は、今再び絡み合う。

フリウ編、完結。そしてシリーズ最終巻。ミズー編と比べるとレーベルに合った、納得のラストとなりました。どちらを本当の最後にするかという問題はあったのでしょうが、こうして読んでみるとフリウ編を後に持ってきたのは正解なのかもしれません。ラストのイラストがこれからの彼女を見せてくれるようで、少し安心というかなんというか。Wヒロインの独立したシリーズ、珍しい構成のシリーズでしたが、最後まで楽しんで読めました。

エンジェル・ハウリング〈10〉愛の言葉‐from the aspect of FURIU
ISBN-13: 978-4829116562

| 秋田禎信 | comments (0) | trackback (0) |

『エンジェル・ハウリング』9 秋田禎信

『エンジェル・ハウリング』9
秋田禎信
富士見書房(文庫)
ISBN-13: 978-4829116319

ずっと探し続けた双子の姉は、帝都の人々を殺し尽くして姿を消した。殺人精霊アストラ。それこそが精霊アマワの望んだことなのか!?絶対殺人武器となった姉を止められるのは自分しかいない!アストラの影を追い、ミズーは忌まわしくも懐かしい場所を目指す。そこは、全ての始まりの場所。あの日のように鐘の音が鳴り響く塔の上で、同じ顔の姉妹は再び向かい合う。「あなたを愛してる、アストラ」言葉は、いつだって遅すぎる。心が暴れ出す「ミズー編」最終章!―それでも、本当のことを伝えるために言葉はある。

ミズー編、完結。まさに長編にふさわしく、盛り上げるだけ盛り上げて、見事にまとめてくれました。正直な所、前の巻を読んでからかなり間が開いていたので、うろ覚え名部分がたっぷりあったのですが、それでも、この巻だけでも、堪能、という言葉を実感する感じです。シリーズ後半になるにつれ、レーベルらしくない感じを受けつつあったのですが(そしてそれは読み終わっても感じるんですが。苦笑)もう一つの方とうまく中和されたのでしょうか。何にしろラストまで読めてよかった、そしてこのラストに、読んでよかった、と思ったのでした。

エンジェル・ハウリング(9) 握る小指――from the aspect of MIZU
ISBN-13: 978-4829116319

| 秋田禎信 | comments (0) | trackback (0) |

『エンジェル・ハウリング』8 秋田禎信

『エンジェル・ハウリング』8
秋田禎信
富士見書房(文庫)
ISBN:482911603X

ついに帝都に来てしまったフリウ。そこでは最愛の父との再会が待っていた。つかの間の幸せ。だが、世界は彼女を見逃してはくれなかった。人は何故、欲しくもないものばかり手に入れてしまうのだろう。

フリウ編第四弾。フリウはようやっと父と会えました。会えましたが…泣。不器用で無骨なベスポルト、好きだったのになぁ。執着するモノがなくなったフリウ、さて次回の完結編はどうなることか…。

ISBN:482911603X



| 秋田禎信 | comments (0) | trackback (0) |

『エンジェル・ハウリング』7 秋田禎信

『エンジェル・ハウリング』7
秋田禎信
富士見書房(文庫)
ISBN:4829115858

帝都のどこかにいる姉を助け出す!死んだと言われる双子の姉を必ず捜し出すという固い決意を胸に秘め、ミズーはいよいよ敵地に足を踏み入れた。どうして、人は愛も罪も何も捨てられないんだろう。

ミズー編、山場ですね。このシリーズはWヒロインで、交互に文庫が出ているのですが、このミズー編、最初はかなりとっつきにくかったです。ミズーが分からなくて。でも今は割とこちらの方が好きかなぁ。一応次(順ぐりなので9巻)で終わりらしいのですが、どう結末をつけてくれるのか楽しみです。

ISBN:4829115858



| 秋田禎信 | comments (0) | trackback (0) |

『エンジェル・ハウリング』6 秋田禎信

『エンジェル・ハウリング』6
秋田禎信
富士見書房(文庫)

暗がりの中、寒気を覚えるほどに優しい声が呼びかける。「この世界で、君はなにになりたい?」あなたは、誰?「わたしは御遣いだ」育恵にも重なり、波のように広がる声。水底のような闇の中で、少女はもがき続け、やがて…。

フリウ編です。この話は女性陣いいなぁ。んで女装ビアンカのイラストが!あるのですよ。うふふ。次あたりでフリウがちょっと吹っ切れそうなので楽しみ。



| 秋田禎信 | comments (0) | trackback (0) |

『エンジェル・ハウリング5』 秋田禎信

『エンジェル・ハウリング5』
秋田禎信
富士見書房(文庫)

精霊アマワ破壊のキーとなる男、ベスポルトを求め旅するミズー。だが、暗殺者狩りの集団が行く手を遮る!そして神秘調査会とつながりをもつ女剣士ジュディア。彼女はミズーを守るために来たと言うのだが・・・?

ミズー編3作目。うーん、入れ替わり立ち替わりなのでちょっと覚えにくい。ミズーの盛装があります。笑。最近読む本の女の人って強いけど、ちょっと普通の女の人ってのに疎い人ばっかかも。偏ってるなぁ。



| 秋田禎信 | comments (0) | trackback (0) |

『これで終わりと思うなよ!』魔術師オーフェン・無謀編 秋田禎信

『これで終わりと思うなよ!』魔術師オーフェン・無謀編
秋田禎信
富士見書房(文庫)

「春の日溜まりで…ぬくぬくと…。無能警官も変態執事もいなくなっちまって…、なんこう気が抜けるっていうか、ひまっていうか、退屈っていうか。…なんだかなあ」「オーフェーン!」「お師さまぁ」「オーフェン様ぁ」「現れたな黒魔術士!」「モグリさぁん」「ははははは。黒魔術士殿」「げ、何だよお前ら。人がせっかくささやかで退屈な幸福にひたってるってのにいったいどっからわいてきやがった!」「ラッツベインですぅ」「―って誰だよ、こいつっっ!」どこまでいってもとことん不幸。はてしなきなんでもありファンタジー!「最終編」に加えて

オーフェンシリーズ最終巻ですね。こちらは無謀編なので、短編集で、ちょっとギャグ色が強くなっております。本編が最終巻のがよかったのでは…。笑。でもこちらには子供のキリランシェロが出てくるからなぁ(キリランシェロファン)。さて、他のシリーズも佳境なんですよね。笑。楽しみです。



| 秋田禎信 | comments (0) | trackback (0) |

『我が聖域に開け扉』魔術師オーフェンはぐれ旅 上・下 秋田禎信

『我が聖域に開け扉』魔術師オーフェンはぐれ旅 上・下
秋田禎信
富士見書房(文庫)

13日後、聖域が大陸を捨てる」―どういうことだ?おれたち人間は滅ぶってことか?大陸を覆う結界に穴が開いた、と領主は言う。穴の場所は大陸の中心、聖域だ。そこから、女神が侵入してくるだと!?いったい何を意味するのか分からない。不確かなことばかりなんだっ。とにかく、おれは聖域に向かう!ティッシは行方不明だが、聖域に向かった可能性が高い。コルゴン、ロッテーシャ、レキも同じくだ。そして、アザリーも。アザリーには言ってやりたいことが山ほどあるんだ!幾多の伝説を打ち立てた旅も、ついに最終章突入!

本編完結です~!いやぁ長かった。借りてるシリーズだからなおさらかもしれないけど、長かったなぁ。でもちゃんと終わったので一安心。しかも前向きですよー。ライトノベルはこうでなくっちゃ!



| 秋田禎信 | comments (0) | trackback (0) |

『我が庭に響け銃声』魔術師オーフェンはぐれ旅 秋田禎信

『我が庭に響け銃声』魔術師オーフェンはぐれ旅
秋田禎信
富士見書房(文庫)

魔術師オーフェンはぐれ旅。クリーオウとマジクを取り返しに行くオーフェンに、邪魔が入る。ウィノナの話だと再接近領領主はオーフェンに何かを要求しようとしているらしいのだが・・・?

まだ取り返してません。でも本編、いー感じにせっぱ詰まってきてます。どうなるんだろ、わくわく。



| 秋田禎信 | comments (0) | trackback (0) |

『エンジェル・ハウリング3』 秋田禎信

『エンジェル・ハウリング3』
秋田禎信
富士見書房(文庫)

エンジェル・ハウリング。辺境の村、5人の黒衣の前に姿を現したミズー。「絶対殺人武器」としての技能のすべてを賭け、ミズーは帝都の守護者たちに戦いを挑んだが・・・?

ミズー編第2弾。やっぱり交互なのね・・・。こっちの方が謎多めで楽しみなんだけど。だんだんどっちも楽しみになるんだろうけどね。



| 秋田禎信 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP    BACK >

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/08  aft>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼