現在はゲストモードです

USER ID:
PASSWORD:
管理

NEWEST   

『天使の囀り』 貴志祐介

『天使の囀り』
貴志祐介
角川書店(ハードカバー)

アマゾンへ行ってから彼が急変した-。かつてあんなに怖がっていた「死」を、楽しく思うようになったらしい。そして彼はその後自殺した。早苗は彼の変貌の理由をアマゾンに求め、調べ始めるが・・・。

ちょっと気持ち悪かった。ラストに近づくにつれて、どうなっちゃうんだろう、どうなっちゃうんだろう、と頭の中をぐるぐる回ってた。食事直後とかには読まない方がいいかも。なにせ回虫だものね・・・。



| 貴志祐介 | comments (0) | trackback (0) |

『青の炎』 貴志祐介

『青の炎』
貴志祐介
角川書店(ハードカバー)

元義父の勝手な振る舞いに主人公、秀一は元義父の完全犯罪を計画する。ガレージに作った自分の部屋のパソコンや本を通じ、電流で殺すのが一番良いと分かるが・・・。

面白い。あとがきの模倣しないでねという冒頭が、『黒い家』で苦労したんだな、と思わず思ってしまった。また、わざわざ書かなくてはいけない世の中になってしまったんだな、と思った(←ちょっと偉そう)。



| 貴志祐介 | comments (0) | trackback (0) |

NEWEST  PAGE TOP   

SEARCH

CATEGORIES▼

ARCHIVES▼

<bef  2017/06  aft>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

OTHER▼

COMMENTS▼

TRACKBACK▼